So-net無料ブログ作成

つくばエントリー [スポーツ]

24日はam10:00からつくばマラソンのエントリーでした。

この大会は2006年から4年連続で走り、そのあと2回お休み。ということで
3年ぶり5回目のつくばです。しかし昨今のマラソンブームで人気大会となり、
半日もかからず定員になるので、クリック合戦なるものが発生します。
エントリー代は安いし、平坦で記録が狙えるのでしょうがありませんね。
フルは約13000人。多い!

通常、ランネットから申し込むのですが、それとともにスポーツエントリーからも
入ってみました。するとスポーツエントリーは1分くらい待っただけで繋がり
あっさりとエントリーできました。これにはビックリ。最低1時間はかかるかなと
思ってたので。

本来はそれで終了なのですが、もしランネットだったらどうかなと見てたのですが
ランネットは最初からなかなか順番待ちで入れず。30分〜1時間ほどで繋がっても
何故かエラーか何かではじかれ、また最初から。原因は分かりません。もし、ランネット
だけでやってたらエントリーできなかったかもしれません。

スポーツエントリーですぐエントリーできたのはたまたまだったのか?、ランネット
でなかなかエントリーできなかったのもたまたまだったのか、、、???

お仲間も、30分かかった人、3時間かかった人、チャリティー枠の人、ずっとパソコン
の前にいられずあきらめた人、色々でした。陸連登録と一般ではまた違うのでしょうか。
結局、開始から5〜6時間ぐらいで埋まった感じです。

         12.6.25.jpg

しかし最近の人気大会にエントリーするのは大変です。6年前に初めてつくばに出た時は
2ヶ月くらいは余裕でエントリーできた気がするのですが、、、

つくばは3年前の4回目であまりにも混雑してヘキヘキして2年間出なかったのですが、
今回は知合いも多く出るということでエントリーしました。あと、電車で行く場合の
つくばエクスプレスの混雑も今から恐怖ですw

スタートからしばらくは渋滞必死で、記録狙いにはあせるところですが、ほぼ平坦な
コースなので焦らず行けたら何とかなるかな、、、

しかし、必死でエントリーできても、渋滞でストレスも必死w(一般だからどうしても
一番ボリュームのある所からのスタート)
もうこんな状況だと、抽選にしてもいいのではないでしょうか。
募集人員は5000人くらいに抑えて、ゆったり気持ち良く走れる大会に、、、。



nice!(8)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ

第1回トレニックワールドin越生 その2 [レース完走記]

民家というか小屋というか、その中に入ると、、、、
12.6.20-1.jpg

12.6.19-8.jpg

スタッフさんたちが一生懸命給食を作っているではないですか。
そして木造のテーブルとベンチ。しっかり座って食べられるようになっています。
冷たいソーメン、冷たい芋煮汁、漬け物など。デザートにはパイナップル他
コーラやマンゴージュースなど、そのまま1時間程居座っても良いかのような
おもてなしです。これまでもテーブル、椅子が用意されてるエイドはありましたが
小屋の中というのは初めてですね。同じように雁坂マラニックでも小屋の中に
エイドがありましたが、そこでは立って補給したので、ささっと出て行く感じでした。

またここでは子供たちも水掛とかの仕事やってましたよ。ご苦労さんです。
後ろ髪引かれながらエイドを後にします。
12.6.20-2.jpg

ただ、ここでロストのランナーが多かったようです。普通に走ってて標識を見つけるのは
簡単な所も、トップランナー達にはその標識が見つけにくかったようです。

しばらくロードの上りがあり、歩いて通過。小川に掛かる橋を渡って再びトレイルに入る
のですが、大築山直前はかなりの急登になっていて、ランナーたちは苦戦しています。
でも私は先のエイドで元気回復したのか、ガンガン登って10人以上は抜いて行った
でしょうか。下りはまたぐちょぐちょでそこでもけっこう抜いて行けましたね。
12.6.19-6.jpg
最後のエイドからは上谷(かみやつ)の大楠をランナーに見せたく余分に1周します。
でも余裕の無い私は、足下ばかり見ていて確認できませんでしたw
12.6.19-7.jpg
ラスト3キロ。まだ脚は残ってました。キロ5分半では走れました。この感じが
武甲山であったら、、、と思いながら上谷農村公園のゴールへ。

4時間27分。部門 20位(43人中?)

5〜6時間を予想してたので十分納得のタイムでした。やはりロードが63%と
いうことが大きいですね。

ゴールでは、スタッフの方が「笑顔でゴール〜」と呼びかけていたので、それに応えて
何とか笑顔でのゴール。チップを取ってくれながら「素敵なコースだったでしょう」
と言われてたのが印象的です。ミネラルウォーターとゆずのジュースをいただき、
山野菜の天ぷらを自分でご飯の上に好きなだけ乗っけて、汁をかけて天丼にして
食べました。これまたうまし!

ブッチャーさんは3時間30分くらいで何と部門1位。シカさんはロストして
10キロ程余分に走ったのに2位!甘党大活躍です。

ゴールの近くのニューサンピアおごせでお風呂に入り応援のココタビさんや、40kmの
コウタローさんらと小乾杯して、寄居に場所を移して途中参加のW田山を加えて
またまたアフター。朝は雨でどうなるかと思ったけど、終わってみれば最高に
楽しかったトレニックでした。

ちなみにトレニックとは、トレイルとピクニックの造語みたいです。

・武甲山はガチ。越生はファンランと分けて大会参加すると連チャンでも走れます。
・基本迷わないよう看板はあります。三浦縦断と比べたら優しすぎるくらい優しい。
 それでもトップランナーは見逃す可能性あり。やはりある程度はルートを頭に
 入れてた方が良いですね。
・スタッフも皆さん優しく、気持ちよく走れました。
・私にとっては、お稲荷さんが一番のポイント。これが全てでしたw
・エイドの配置が絶妙!
・ゴール後の対応も良かった。ニューサンピアまでの地図があれば良かったかな。
・今回40kは走ってませんが、来年は出てみようかな、、、でもきつそう。
 やっぱり30kかな、、、
・お風呂無料というのはグッド。

nice!(9)  コメント(15) 
共通テーマ:スポーツ

第1回トレニックワールドin越生 その1 [レース完走記]

17日は第1回トレニックワールドin越生。
40キロの部(エリート)と30キロの部(スタンダード)があり
私は30キロの方で。

何か楽しかったなぁ〜

朝方までの雨でテンションは低かったけど、スタート時には止んでくれました。
越生役所から8時半スタート。エントリーは250人くらい。実走は190くらいか?
(40キロは150人くらいで8時スタート)
制限は7時間半で、目標はとりあえず5〜6時間というおおざっぱなもの。
里山を楽しく走って完走しましょうという大会なのでまったく緊張感ありません。

約半分の15キロまでは30も40も同じコース。ゆうパークおごせからトレイルへ。
ゆうパークでは子供たちが大きな声で応援してくれてました。
走れる緩い上りから一旦ロードに出て、桂木観音の前を通って再びトレイルへ。
トレイル部分は下はぐちょぐちょで結構走りづらい。
そしてまたロードに出て、しばらく走ると8・2キロの第1エイド&関門。
ここまで1時間5分。関門は1時間30分。ゆっくりでも走れたら全然問題無い
設定時間です。

12.6.19-1.jpg

しばらく行くと黒山三滝。
黒山三滝は5、6回来てますが、前日からの雨で水量も勢いよく落ちています。
平行に別のロードがあるのですが、わざわざここを見て行くようなコース設定に
しています。
ここから一気に関八州見晴台まで登り。標高差は3キロで500m。
特別競争ということは無いので、自分のペースで進みますが、ロード上りでは
抜かれまくり。皆さん歩くのは速いです。
トレイルに入ってからは、立ち止まらないペースで進むことを心がけます。
12.6.19-2.jpg

一旦花立松ノ峠に出てすぐにトレイル。ここがきついのです。でも何度も通ってる
コース(ほとんど逆走ですが、、、)なので気分的には楽。思ってたよりは早く
見晴台まで着いた気がします。

ここからの眺望は、雲が低く、遠くスカイツリーも見えて幻想的。
エイドには給食としてお稲荷さんがありました。お稲荷さんは大好物の一つ。
丁度おなかが減ってきた頃だったので、美味しく頂き、エネルギー補充です。
1個食べたけど、2個食べときゃ良かったなと後悔しながらその後走ってましたよw
ここで12.5キロ地点。
12.6.19-3.jpg

グリーンラインに出て3キロ走ると、ブナ峠。ここで30キロと40キロが分かれます。
40キロはグリーンラインをそのまま走って、大野峠から堂平方面へ行きます。
30キロはここからトレイルの長い下りが続きます。分岐点までは全て知った道。
逆に分岐点からは初めてのコース。ワクワクしますw
道は広いけど、ぬかるみで走りづらい。でもここはガンガン行っちゃいました。
再びロードに出ると、クネクネとさらに下り、20・8キロのエイドがあります。

12.6.19-5.jpg
スタッフの方から「ここは公式エイドです。ぜひ休んで行って下さい」と言われた
先にはテーブルやテントは無く、民家があるだけ?

つづく


nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

父の日 [日記]

17日は父の日でしたね。
そんな日も、トレイルに出かけて、父らしいことは何もしないのに
しっかりプレゼントだけは頂きました。
といっても社会人の息子にはあまりやってあげることはできませんがw

本当は「焼酎 みたけ」というのを買ってあげたかったようですが、たまたま
お店に無く、お店の方のおすすめで買ったのがこれ。
12.6.17.jpg
縁「えにし」

ネットで調べても評判良いようです。楽しみにこれから開けてみよう。
父の日のプレゼントということでリボン付き。こういう演出は好きなようです。

12.6.17-1.jpg
グラスのサービスも。
「だれやめ」とは鹿児島弁で「疲れを癒す」という意味だそうです。
グラスの反対側にはラインが2つあって、ダレヤメラインとワッゼカラインと
あります。「ワッゼカ」はものすごいという意味。
多分イラストのオヤジの下までお湯を入れて、ワッゼカラインまで焼酎を注ぐと
濃いめ。ダレヤメラインまで注ぐとちょうどいい感じになるようです。
さあこれで1日の疲れを癒しましょう。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ラン塾+マラニック=40km! [スポーツ]

13日はラン塾。
この日は16キロペース走。公園内のトリムコースを8周+400m。
キロ5分15秒のグループで走るも、武甲山の疲れが残りスピードが全く出ず。
途中から5分30秒のグループに参加。

そして塾後は課外遠足で川越までの24キロマラニック!!
12.6.13-1.jpg
航空公園ー狭山東京道路(工事中区間含む)ー狭山環状有料道路ー
入間川サイクリングロードー初雁橋ー川越湯遊ランド
ラン.jpg
私が企画したのですが、嬉しいことに塾長以下、総勢13名の出発となりました。
更に途中合流1名。ゴールの湯遊ランド合流1名。

狭山環状有料道路までは約13キロ。ここは交通量はそれなりにありますが、
歩道が広く、走りやすいのです。後半は多少のアップダウンもあります。
途中のコンビニで軽く給食。
12.6.13-3.jpg
航空公園からは米軍通信基地の横を通って狭山東京道路へ。


面白かったのは6キロ程の所に赤坂の森という公園があり、そこにトラックがあります。
すると400m走しようということになり、男性10人がハンデを付けて競争w
さすがラン塾。遊びの範囲なのに皆必死で頑張りますw
私なんか70mくらいのハンデもらったのに殆どの人に抜かされましたw
12.6.13-2.jpg
前方2人の青い方が私。こんなにハンデもらったのに、トホホ、、w


オヤジさんとケサオさんは途中から電車で移動。先に湯遊ランドで待つことに。
そんなんで有料道路へ付いたのは予定より大幅に遅れてしまいます。実はここで
途中合流のきしやんと会うはずだったのですが、我々がなかなか来ないので先に
行ったかと思い、少し先の西武文理横の公園で40分程待ってもらいました。
すみません〜w

ここまでは和気あいあいwのランでしたが、さすがラン塾。後半の10キロはひたすら
走ります。サイクリングロードということもあって信号とかは無いので走りに集中
できますからね。でもここですでに30キロ以上走ってる身としてはきついきつい!
キロ5分半くらいで走ってたかもしれません。でも皆平然と走ってる。
企画したのが後悔したくらいきつかったです。
12.6.13-4.jpg
サイクリングコースは何も邪魔するものが無くとても走りやすい、、


そして何とかゴールの湯遊ランドへ到着。
塾長はここから自宅までさらに15キロ走って帰るそうです、、、
私は合計40キロ。ラン塾でダウンも入れると43キロ走った方もいます。
コウタローさんも帰宅ラン含めると55キロになったそうです。
一人では絶対走れないないだろうな、、、

塾長、きしやん、ケサオさん、おやじさん、ヤシロさん、ゆりさん、大久保さん、
たけまさん、ブッチャーさん、じゅんいちさん、いけちゃん、チョーさん、
カリンさん、コウタローさん、マラニック企画にお付合いありがとうございました。

お風呂に入って、アフター。皆よく食べて良く呑んで凄かったですw

nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

第3回武甲山トレイルラン その4 [レース完走記]

ゴールまで残り7・4キロ。5時間切りまで44分。

行けるとこまで行こうと走るも、緩やかな下りに関わらずキロ6分半くらい
しかでない。脚が残ってませんでしたね(悲)
ロード後半の上りを考えると、このペースでは確実に無理。ということで
目標を5時間10分以内にします。
それにしても、長い。どこまで行っても永遠にロードという感じ。
10分内を目標にしてもそんなに余裕は無い。最後の横瀬駅のエイドから2キロ弱。
もう時計を見ながらの走りです。この辺はキロ7分以上か。貯水池の交差点に出ると、
甘党やラン塾の皆が、とっくにゴールして、先に武甲温泉へ行くというではないか。
う〜〜〜!w

ゴールまではずっと上り。途中3回程歩きを入れて、最後のコーナーへ。
そこでゴールのアナウンスをするスタッフのEmiさんから、ゼッケンと名前を呼ばれる。
しっかりフルネームで呼ばれて嬉しかったですね。そして、ゴール!!!


12.6.11.6.jpg
12.6.11-7.jpg
イケノスケさんに撮ってもらったゴールシーン。

5時間8分36秒

全体  334位(560人くらい?)

前回より28分短縮できたので記録的には満足なのですが、5時間切れなかったのは
残念。次回挑戦ですね。
その為には登山口までの林道で頑張って走り、それがその後の登りに影響しない脚
と、最後のロードに負けない脚をつくることですね。
ただ、だめだめのロードも前回より少し早かったのはビックリ。脚は疲れててもそれでも
ラン塾効果はあったようです。

しかしまぁ、武甲山ってほんと辛く楽しいコースですね。
スポーツエイドジャパンのスタッフの皆様、応援の皆様にはお世話になりました。

アフターは、武甲温泉で汗を流し皆で乾杯。そして場所を所沢に移してまた乾杯!
実のある1日でしたw

おわり

nice!(7)  コメント(12) 
共通テーマ:スポーツ

第3回武甲山トレイルラン その3 [レース完走記]

12.6.11-1.jpg
注)私の体感なので、端から見たら普通のスピードかもしれません。


500m?の天国走w 一歩間違えたら地獄に行きそうな勢いで駆け下ります。
下は適度な湿り気で殆ど滑りません。木を頼りにスピードを落とさず
下りていけました。
本当は木につかまってスピードを緩めたりするのは、脱臼したりする可能性が
あるのであまりよくないのですが、、、、
12.6.11-5.jpg
無事になだらから斜面まで到達。いや〜楽しかった!

でもその代償は軽くはなかったようで、、、
12.6.11-3.jpg




12.6.11-4.jpg
妻坂峠からの長く緩い下りはもう体力使い果たした感じでスピードに乗れません。
なんだかブレーキかけまくりの走りです。ここでそれまで抜きつ抜かれつだった
いけちゃんに簡単にかわされてしまいます。斜面を利用してスピードに乗ってます。
(彼女は最後まで頑張ってサブ5!お見事。)
暫く行くと、応援で逆に歩いてくる人が、、、よく見るとジュンさんではないですか。
去年の武甲山では琴平ハイキングコースを一緒に走った方です。お久しぶりです。
更に行くと、今度はランナーから声をかけられます。今回お知り合いになった
にしやんさんです。激下り中、私が抜いたようですが、また抜き返されます。

山を下りて延命水の第4エイドに到着。頭から涌き水を被り、スイカを頂く。
うまし!
このエイドを出発したのは4時間16分。

おお、シラジクボから第4エイドまで、約1時間20分。
前回は1時間50分かかってたので、30分の短縮ではないですか!
やはり、小持山、大持山への上りで頑張れたのが大きかったようです。
シラジクボまでは5分程遅かったので、去年より25分早く第4エイドを出発と
いうことになります。

このまま行けば、どんなに遅くても5時間15分、、。
自己記録更新はほぼ確実です。ただ、密かな5時間切り目標には、、、う〜ん
残り7・4キロを44分。大体キロ6分。
4キロ緩い下り、3キロアップダウンありのロード。
不可能ではないけど現時点の脚の状態を考えたら相当きつい。



ああ、無理かなぁ。

つづく



nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

第3回武甲山トレイルラン その2 [レース完走記]

小持山、大持山までは毎回苦労するところ。
何と言っても、武甲山行った後の山2つですからねw
とにかく立ち止まらないスピードで進むことを心がける。それでも2つのピーク
直前はかなりきつい。それぞれ1、2回は立ち止まって給水。この辺がまだまだ。
小持山頂上ではハイカーさんの団体がいます。申し訳なくその間を進みます。
大持山手前でブログ見てますよとランナーさんから声をかけられる。嬉しい!
2つの頂上は立ち止まること無く通過。これまでは疲れて休憩してましたねw
でも初めて参加される方なら、ゆっくり休憩して眺望を楽しむのもいいですよ。
この区間で前回より大幅に時間短縮したようです。

小持山の先の分岐点で3時間41分。ここからは長い下りと長いロード。
予想では妻坂峠まで20分、第4エイドまで15分。ん、ということは第4エイドに
4時間15分くらい、、ということは5時間切りも不可能ではないかも、、、!

12.6.10-5.jpg

そう考えたら、何故かスイッチが入りましたよ!
12.6.10-6.jpg


nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

第3回武甲山トレイルラン その1 [レース完走記]

10日は第3回武甲山トレイルラン大会。
12.6.10-4.jpg

3回連続。知り合いも多く参加し、毎年楽しみな大会です。
目標は前回5時間36分だったので、5時間半切り。(トップは2時間台で
走りますw)

前日は所沢は1日中雨だったので、コンディションが心配でしたが、秩父地域は
前日それほどでもなかったということであまり心配ないようです。そのかわり
湿度は高そう。

9時半スタート。いつもは列の後方からスタートするのですが、今回は意識的に
中盤に並ぶ。公園内を一周して琴平ハイキングコースに入ると渋滞するので、
ロスを少しでも少なくする為に。
なのに予想より渋滞の回数が多い。中盤に並んでも参加者がこれまでより多かったのか、
前日の雨で下がぬかるんで走りづらく、全体的に遅くなったのか。トンネル手前で
自然と渋滞が発生する現象か?
12.6.10-1.jpg

だから5・5キロ地点の第1エイドまでは59分もかかりました。前回は55分くらい。
そこから登山口までの間の土園付近での豪勢な私設応援団。垂れ幕にしっかり名前を
乗せて頂きましたw女将さんありがとうございます。

登山口までの林道は緩い登りが2キロ程続きます。走ったり歩いたり、、、
前回はここで頑張ったせいか、登りですぐきつくなったので、かなりセーブ。
途中、鴻巣楽しく走ろう会のHさんとお話ししながら進みます。
Hさんは初トレイルですが、さくさくと登っていきます。
私は頂上までの登りは、オーバーペースで立ち止まることが無いような速度で
たんたんとw。ただ全体的に前回よりは混んでるような。
登山口から頂上までは1時間ちょいで到着。前回は1時間20分かかってたから
まあまあ良いペースです。

12.6.10-2.jpg
頂上の神社でお参りして第3エイドのシラジクボへ一気に下ります。
2時間54分。前回は2時間50分だったから少し遅いか。
ここでは前回足が攣ったところをtorikeraさんに助けてもらえました〜
12.6.10-3.jpg

さあここから小持山、大持山へのアタックです。毎回この区間は苦労しますw

つづく
nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

明日は武甲山 [スポーツ]

明日の10日は第3回武甲山トレイルラン。

3年連続で走ってきます。武甲山という身近な山。そしてコースは楽しいトレイル
(琴平ハイキング)から気持ち的にきつい登山道まで続く緩い登り。武甲山頂上
まで一気に登り、さらに大持山、小持山への2つのピーク。そして一気に激下り。
最後はしんどいしんどい約8キロのロードとありとあらゆる要素を含んだコースで
とても楽しい27キロの大会なんですw

1回目は5時間58分、2回目は5時間36分。ということで今回は5時間30分切りを
目標に走ってきます。

ただ、前日の今日は1日中雨です。武甲山地域は分かりませんが、おそらくそれなりに
降ってるのでは。そうなると山から下りた時にどんな状態になっているか?
泥んこのトレイルか、、、明日は曇りのようですが、意外と走りやすかったりして!

とりあえず怪我無くゴールしてこなくちゃ。

12.6.9.jpg
nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

ロング走? [スポーツ]

4日はロング走。約40キロ走ってきました、、、というか、走りと歩きで
40キロ、5時間半ほど動いてきました、、、が正解かなw
12.6.4.jpg
今回のテーマは

1 あつい(暑い) 2 あきる(飽きる) 3 あまいゆうわく(甘い誘惑)

この3Aに負けるな!

1この日は天気も良く暑かったのですが、まだ凌ぎやすい時期です。
ただ、暑さ克服の練習でもあるのでもう少し暑くても良かったかも。

2普通に車が通り、歩道があり、大体同じような風景のつまらなく飽きそうなコース
を選択。

3そして3つ目が一番大変でした。コースのすぐ側に温泉や、いつでも楽に帰れる駅が
あったりと、、、精神力を鍛えますw

12.6.6.jpg
12キロ地点の狭山環状有料道路までは順調に。途中工事中の部分がありますが、完成
すると、ほぼ一直線片道12キロのコースができます。。交通量はそれなりにありますが、
歩道は広く走りやすいでしょう。
狭山環状有料道路を渡ってからは飯能方面へ。このコースは初めて。まっすぐ飯能駅まで
行くと自宅から約20キロ。飯能って、意外と近かったのですね。

飯能バイパスに入って20キロ辺りから少し調子が悪く、力も入らず、走れなくなって
きます。真剣にリタイアしようかなと考える。
12.6.6-1.jpg
23キロ地点の宮沢湖入口のコンビニで、ガリガリ君、おにぎり、即効元気で補給
したら何とか回復。どうやらハンガーノック状態だったようです。ガリガリ君の
向こうには喜楽利という温泉があるのですが、、、、行かなくて良かった、、

12.6.6-2.jpg
25キロ地点では日高陸橋から八高線の高麗川駅が見えます。ここは何とか目を
つぶって進む。ここから先は同じような風景が続きます。

さらに暫くは川越線と並行するので、いつでも電車に乗って、最終目的地の川越まで
一気に行ける状況です。甘い誘惑が続く区間です。何とか無視しますが、30キロ辺り
からは脚にきて、10分程走って5分程歩くパターンで行きます。でもここまで来たら
後は進むだけw

12.6.6-3.jpg
やっと初雁橋。あと2キロ。ゴールは川越温泉。本当は本川越駅をゴールにして、そのまま
電車で帰りたかったのですが、新しい温泉ということで取材がてら寄ってみました。
新しいだけあって、館内は清潔で快適でした。ただ、駅まで歩くと20分程掛かるのが
ちと大変。いちおう近くを路線バスは走ってます。

日高陸橋からは、「雁坂峠越え秩父往還」という143キロの大会のラスト15キロ程の
コースということを後で知りました。ここを最後の力を振り絞って走ってるかと思うと
感慨深いですね。

ということで、何とか3Aには打ち勝ったのですが、練習で40キロゆっくりでもいいから
走り通すことはなかなか難しいですね。う〜む。







nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

今年も茂木びわ! [日記]

1週間程前、長崎の実家から毎年恒例、びわが送ってきました。
長崎なので種類は茂木びわです。
売られてるものではなく、実家の庭に成っているものを穫って送ってもらっています。
庭といっても斜面上になっていて、植物しか育てられませんが、日当りが良いので
当たりの年は良いものができます。

3本か4本(思い出せないw)あって、80半ばの両親と姉と姪っ子が一生懸命
取ってくれたものです。素人なので袋をかぶせるので精一杯ですが、それでも
袋を付けて食べ頃にまた袋を取るのは大変な作業です。感謝!

全部で12箱分穫れたそうです。1箱約50個。それをあちこちに送ります。
我が家には2箱。今年は粒も大きめ、形もよく味も甘い。今までの出来では一番
かもしれません!!! うまい!! 涙出る程うまかった!!!
長崎自体のびわに関しては、今年はあまりできは良くないとのことですが、
我が家の庭に関してはそうではなかったようです。

私にとっては、果物の中ではびわが一番好きw あと、スイカ!
美味しいびわは、とにかくジューシーで、皮も剥きやすく食べやすい。
なので何個でもパクパクいっちゃってしまいあっという間に無くなってしまいました!
12.6.4.jpg
八王子の寮住まいの息子がこちらへ遊びにくる前に無くなってしまい、彼の口に
入ることはありませんでした、、、ごめんw
nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

ストレッチ [スポーツ]

ラン塾では最近、走り終わった後、カリン先生のストレッチで終了という場合が
あり、色々なポーズで疲れた体を和ませてくれます。

ただ、私は体が固く、なかなか教えられるポーズができませんw
前屈、腹筋モノは特に苦手です。できないのは最初から分かっています。

ただ、このポーズが全くできなかったのには今まで気がつかなかった、、、w

正座から膝の下の脚を左右に少し開いた状態から、そのまま仰向けになって、
お尻や背中をぺたっと地面につける。
これが全くできません。まず脚を広げることができないので、おしり地面に付けること
なんてできません。ましてや、背中なんてとんでもない!

さらに驚いたのは、この日25名ほどの塾生がいたのですが、できないのは
4〜5名だけ。ほとんどの方ができてるではないですか。気持ち良さそうに仰向けに
なっている。えええ、このポーズってそんなに難しいものではないんだ、、、
そんな難しくないのができないなんて、どんなに固いんだよ!

12.5.31.jpg

nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る
m-fuji@sb3.so-net.ne.jp

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。