So-net無料ブログ作成

チャリティーランin熊谷 [スポーツ]

27日は熊谷でのチャリティーランへ行ってきました。

福田六花さんと心の旅人さんプレゼンツ。

本来この日、熊谷では「熊谷さくらマラソン」が開催されるはずでした。この大会に六花さんも
心の旅人さんもエントリーしてたので、熊谷でのこの企画を考えたそうです。

熊谷駅で集合して、熊谷スポーツ公園までのラン。公園1周4・5キロのジョギングコースを
2時間好きなように走り、お風呂までのラン。計23キロ。
その後食事して、皆から義援金を集めます。

少しずつ、出来る範囲から!今までのように走って食事して飲んで、、、でもそこから少しで
いいのです。ビール1杯分でいいから、食事1品分でいいから義援金に廻す。そんな集まりです。
今回の大震災の復興は簡単ではないですから、長期的に考え、これからもこういう会を開いて
その都度チャリーティーランをしていこうというものです。

この企画に賛同した、約30名のランナー仲間が集まりました。

11.3.29.jpg

皆で集めた義援金は、郵便局から日本赤十字社へと送金しました。
nice!(7)  コメント(11) 
共通テーマ:スポーツ

停電の中での、、、 [日記]

先日、息子の大学卒業祝いを家族でやりました。
11.3.26-1.jpg
息子は、地震の影響で、大学の卒業式が中止になりました。
それでも、サークルやゼミやらの飲み会とかで忙しくしており、こちらの都合と合わせて
この日の夜しかゆっくりできないので、お寿司を買って家族だけの卒業祝いです。

ところがこの日はしっかり計画停電の日。しかも夜6時20分から10時の予定です。
6時15分から食べ始め、いつ電気が消えるかハラハラしながらの食事。
8割がた食べたところで、6時30分消灯。その後は、ガーデン用のソーラーライトで
続きます。こういうお祝いも、記憶に残って、これはこれで良かったんじゃないでしょうか。
11.3.26-2.jpg
息子は4月1日から社会人。何とか、世の中の害にならない人間を育てて、社会に
送り出すことが出来たようです。(多分^^;)親としての責務は果たしたような気がします。
(これは奥さんの言葉ですが、ああ、なるほどなと思いました)
息子はいきなり過去最大の荒波の中の日本を泳がないといけません。大変だろうけど
何とかやっていって欲しいものです。
でも東京の小さめな大学ですが、卒業式だけはやって欲しかったな、、、地震の影響で
卒業式を中止にする大学、行う大学、それぞれです。華やかなイメージを避けたのかな、、、
超氷河期の就活を経て、これからどんな未来が待ってるか分からない大災害後の日本へ
旅立つのですから、大学が最後まで見届けてちゃんと送り出して欲しかった気がします。
地味で粛々な式でいいですから、、、



今回、夜の停電時用にホームセンターでソーラーライトを購入したのですが、意外と明るく
これから重宝しそうです。さすがに停電の間でも色々出来るというわけではないですが、
ろうそくや懐中電灯の明かりに比べると、気持ち的にすごくホッとします。
安いのは500円台であるようですが、1000円弱。太陽の下に置くだけでいいし、
夜停電の時だけ利用すれば、中に入ってる乾電池の消費も少なくてすむし。
ソーラーライトを停電時に使用するのはtorikeraさんのアイデアをお借りしました(^^)
11.3.26-3.jpg
ライトの部分だけをガラスの花瓶に置いてみた(^^;

地震表紙-3-1.jpg

nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

頑張ろう!(ganbarou!) [日記]

地震表紙-3.jpg

今自分に出来るのは、エネルギー消費の節約に義援金くらいか。

全く役に立たないけど、自分の仕事的にはエールを送るくらいしかできないです。

すでに必死で頑張ってる人たちがいるのに「頑張ろう!」あるいは「頑張れ!」が
今は適切な言葉かどうか分かりません。でもこれしか思いつかない。
これから日本全体で頑張っていこう、という風に取ってもらえれば幸いです。

このイラストは、「つりコミック」という漫画雑誌で連載してる「民宿泰平へようこそ」という
作品にでてくる、主人公と奥さんと5男2女の釣船兼民宿を営む大家族です。
雑誌の中に、読者の投稿コメントがたくさん載っているのですが、今発売されてる中に
「民宿泰平へ行ってみたい、、、」みたいなコメントがありました。そしてその方の住所が
岩手県なのです。私にはそこまでしか分かりませんが、ご無事でいて欲しいものです。


nice!(14)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

大地震 [日記]

自宅2階で仮眠中でした。

あまりの大きさと、いつまでも終わらない長い揺れに、1階に下りて様子を見る。
所沢は震度5弱だったようでしたが、今までにない強い揺れに正直怖かった。
さいわい、軽目のものが少し落ちたくらいで、被害はほとんど無し。
それでも隣の住人は家から飛び出したり、畑の真ん中まで避難してる人もいました。

息子はたまたま新宿から3駅目の沼袋あたりの電車の中。相当揺れたようです。
通常は1時間くらい閉じ込められて動き出すというパターンが多いのですが、復旧に
相当時間がかかるということで、早々電車のドアを開けて降り、線路を歩いて脱出
したそうです。
11.3.12-2.jpg
私は家でテレビの地震状況を観てましたが、信じられない光景に愕然としてしまいました。
こんなことがあっていいのでしょうか。誰もが助かって欲しいという思いだけでした。

そんな状況ですが、息子は歩いて帰るという。しかし、24~5キロはあるので、
普通に歩いても5時間以上はかかるでしょう。それに風も冷たい。
さいわい練馬くらいまでは地震でビルが崩れるとかの被害は無さそうだったので、
練馬駅あたりまで歩いてきてもらって、そこへ車で迎えに行くことにしました。
幹線道路は大渋滞。ところどころで裏道を通りましたが、裏道は意外と空いてましたね。
それでも大泉学園を抜けるのに時間がかかってしまい、結局通常1時間で
行けるところを3時間近くかかり、何だかんだで家に着いたのは夜中の12時過ぎ。
往復6時間近くはかかりました。

やはり、歩いて帰る人がたくさんいます。練馬駅ではバスを待つ長蛇の列。
それでも皆さん黙々と、車も渋滞はしてても、クラクション鳴らすでもなく、整然と
移動してます。ただ、途中途中でファミレスの駐車場の車止めなどに腰を下ろして休む
年配の方の姿を見ると、今回の地震の大変さが伝わり、胸が痛みます。
11.3.12-1.jpg
携帯は地震発生後の30分までは比較的繋がり易かったが、その後は全く繋がらない。
それでもメールは何とか届く。ただ、送ったメールが相手に届くのはすぐというわけでは
なさそう。息子のスマートフォンは充電切れ。なので公衆電話で連絡してもらい、何とか
合流。ちなみに、その時間での公衆電話は無料で(お金が戻ってくる)使用できたらしい。

しかし、ここまで甚大な被害になるとは誰も思わなかったでしょう。
ここまで恐ろしい光景を見るとは誰も思わなかったでしょう、、、

宮古の港も八戸の港も20年前取材で行きました。
宮古は景色全体が一枚の絵になるような美しいところでした。八戸はイカを求めて
行きました、、、、

時間が立つにつれ、被害が多くなっていってます、、、
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

nice!(7)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

奥武蔵 吾野駅~鎌北湖~巾着田~飯能駅 [トレイル練]

10日は一人軽めの奥武蔵。17キロ。
天気予報ではかなり冷え込むということだったが、走ると暑いくらいのトレイル日和。

吾野駅~顔振峠~獅子ヶ滝(?)~鎌北湖~日向~巾着田~高麗峠~飯能駅

今回のテーマは、「未走ルート」「ドレミファ橋」「飯能銘菓」の3つ。

いつもの吾野駅。のどかですね~吾野駅までは家から近く感じます。
11.3.10-1.jpg

顔振峠辺りからは武甲山が。少し雪が残ってますね。富士山も頭の部分が良く見えて
ました。獅子ヶ滝へは初めてのコースを走る。シングルトラックだけどなかなか走りやすい。
しかし林道へ出た時に、滝の道標が無くて右方向へ行ったが、結局反対だった。
なので滝は見ることができず。また今度見に行こう。
11.3.10-2.jpg


鎌北湖は相変わらず静か。釣り人もそこそこ。物見山の先から、ここも初ルートで
日向方面へ降りる。途中、ロッククライミングの練習場があって、なかなか見ごたえある岩場が
現れる。5,6人の人が岩に張り付いていた。
11.3.10-3.jpg


駅伝ひとりさんからの情報で、巾着田にドレミファ橋というのが出来たそう。巾着田から直で
高麗峠へ行きやすくなった。あいにく周りが工事中で趣きある感じでは無かったが、、、、、
河原全体工事してたから、桜の時期に合わせての工事だろうな。
11.3.10-4.jpg


これまた駅伝ひとりさんからの情報。飯能で人気の「味噌付まんじゅう」を買う。
「四里餅」「外道」に続く第3弾(笑)
こしあんの入ったおまんじゅうを焼いて、甘い味噌味のタレを塗ったもの。一串2個で220円。
味噌タレが良い匂いしてます。飯能には色々美味しいものがありますね。
11.3.10-5.jpg


全ての写真にヒメが活躍してますよ!

nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

花粉 [日記]

花粉が舞うシーンは、よくテレビで見ますね。
天気予報のコーナーや、鼻炎のCMとかで。でも実際生で見たことはありません。

今回の房総家族旅行で見ちゃいました。

ホテルの部屋の窓から見える山を何となく眺めていた時、モヤみたいなのがさっと現われて
すぐに消えました。最初は霧か雲かと思ったのですが、よくよく見ると、強い風に杉の木が
揺れ、そのはずみで花粉が舞っていたのでした。

11.3.6-2.jpg
ホテルの周りは杉の木いっぱいです。緑ではなく、真茶ですね。この色と花粉は関係する
のでしょうか?よく分かりませんが。
下の写真では左側に白い煙みたいなものが見えますね。これは部屋のガラスに反射して
何かが写ったものですが、実際の花粉もこんな感じでした。

私は花粉症ではないのですが、それでもそれが花粉だと分かった時はぞっとしましたね。
こりゃ、花粉症の人はこの辺に居たら大変だぁ~

というわけで、花粉症の奥さんと息子は辛そうでした、、、、
私はその側でのんびりビール(^^)
11.3.6-1.jpg

nice!(9)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

房総へ! [日記]

2~3日は一泊の家族旅行で房総方面へ行ってきました。
家族旅行にはヒメも必ず行きます。なのでペットが泊まれる宿を利用します。
基本はヒメが一番楽しめること。それぞれの行きたいところ、やりたいことは二の次です(笑)
11.3.2-1.jpg
海ほたるにて。羽田が大きくなったことで航空機の発着が増えたのがよく分かります。

2日は東京湾アクアラインを通って、マザー牧場へ。あいにく牧場にいる間だけ雨。山の上
なのでもしかして牧場周りだけだったのかな、、、気温も低かったので、サクサクと散歩して
苺刈りして後にします。当初は3日にマザー牧場の予定だったけど、天気予報では両日晴れ、
気温は2日高め、3日低いということで変更したのに、、天気予報に騙された、、、(怒)
11.3.2-2.jpg

宿泊は市原市のホテル。広大なドッグランを併設してる宿です。
今まで利用したペット宿の中では、料金、食事、部屋etc、総合的に良かったですよ。
11.3.2-3.jpg

次の日はまずホテルから車で15分ほどの千葉市の昭和の森公園へ行って、ヒメと散策
する予定でしたが、あまりにも風が強く冷たいので中止。
なので直接その昭和の森公園に隣接する、「ホキ美術館」へ行きました。
ここは今回一番楽しみにしていたところで、日本で唯一、写実絵画を専門に展示してる
美術館です。少し前教育テレビで紹介されてたのを偶然見てから、一度行ってみたかった
ところでした。抽象画や現代美術もいいけれど、やはり写実絵画のほうがその良さが分かり
やすいですからね。

ホキ美術館HP http://www.hoki-museum.jp/

おしゃれでユニークな建物です。もうワクワクします。
1枚目から釘付けになり、その場からなかなか動けません(笑)リアルな画に驚嘆の連続。
人物の髪の毛から目の中の輝き、植物の陰影、果物の瑞々しさ、建物の重厚感、陽の明るさ
雪の反射、木漏れ日、、、、、どれも素晴らしいです。
目を10センチくらいに近づけないとどんな感じで描かれてるのか分かりません(^^;
1メートルの距離からだと、絵画の雰囲気はありますが、2メートル離れると、写真そのもの。
1階からB2Fまで降りながら多くの作品を見て行きます。
展示作品の雰囲気はHPを見れば分かりますが、私が気に入ったのは「白い影」でした。
結局見終わるのに1時間40分ほどかかりましたが、
脚さえずっと元気なら2時間でも3時間でも見ていたいのですが、どうしても立ちっぱなしという
のは疲れちゃいますからね(何故か走るのは4時間でも5時間でも走れるのに、たちっ放しは
1時間ももたない・笑)
11.3.2-4.jpg

息子が4月から社会人となるので、親子+ヒメの旅行はもしかして今回が最後になるかも
しれませんね、、、、

nice!(13)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る
m-fuji@sb3.so-net.ne.jp

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。