So-net無料ブログ作成

2010年・マイベスト5 [スポーツ]

2010年もあとわずか。出版界にとっては広告不況で最悪の1年でしたが、ランのほうは
思いっきり楽しませてもらいました。

ということで、私にとって印象に残ったベスト5を、、、

第1位
上野原トレイル(21キロ)
10.12.29-1.jpg
何といってもこんなに辛い21キロは無かったですね。残暑の暑さとハードなコースに打ちのめ
されました。途中動けなくて2度ほどの大休止。半分試走してたので大変さが分かってたので
何とかゴールできましたが、それでもしまさんと春日部さんが一緒に走ってくれなかったらどう
なってたか、、、だからなおさらゴールできたのが自分にとって最高の勲章でした。
http://hime42195.blog.so-net.ne.jp/2010-09-13

第2位
伊豆ヶ岳トレイル(15キロ)
10.12.29-2.jpg
普通に走ってゴールしてたら、去年も走ってるので、2位になることはないのですが、、、
あの大転倒は今年最大の出来事でした。体が吹っ飛んで、鼻血出しながらのランは、とても
貴重な体験です(笑)
http://hime42195.blog.so-net.ne.jp/2010-11-16

第3位
佐倉朝日マラソン(フル)
10.12.29-3.jpg
「私を3時間59分で走らせ隊」のしぶままさんの期待に応えられず、32キロで撃沈。
かなり悔しい思いをしましたが、コース的にはとても走りやすいので、来年のこの大会で
再びサブ4を狙いを誓う。
http://hime42195.blog.so-net.ne.jp/2010-03-30

第4位
トレイルin上越国際(35キロ)
10.12.29-4.jpg
スキー場が主な舞台。距離は長目だけど、きつさより楽しさが上回りました。天気にも
恵まれ、南魚沼の山の中を走り回ってきました。スキー場の斜面とブナ林がとても気持ち
良いトレイル。
http://hime42195.blog.so-net.ne.jp/2010-09-26

第5位
長瀞トレイル(15キロ)
10.12.29-5.jpg
12月ではなく、3月に開催された、トレイルの部門が新設されての大会です。
前日からの嵐の影響とかもあり参加人数も100人未満。地域的にも超ローカルな大会でした。
でもその分ほのぼのとした雰囲気がなかなか良かったです。
http://hime42195.blog.so-net.ne.jp/2010-03-23

以上がベスト5ですが、あくまでも無理やりつけた順位です。全ての大会でそれぞれの想いを
作ることができました。ただ、どうしても苦しかった大会の印象度が高いようですね(笑)

とりあえず、今年出場した大会の一口コメントです。
所沢元旦マラソン・・・地元航空公園で。当日受付、無料、1周2・1キロのコースを1~5周
             (10・1キロ)好きなだけ走ります。今年は息子を無理やり連れて行く(^^)
鎌ヶ谷新春(10キロ)・・・甘党aiaiさん、てつろうさんの地元。スタート直前まで暖かい体育館で
                ぬくぬくできるのが最高!フラットで走りやすい。
勝田マラソン(フル)・・・水戸に住む大学の先輩に会えるのが楽しみの大会。アップダウンが
              多いが道が広く走りやすい。応援も素晴らしい。30キロ過ぎ撃沈。
森林公園完走(10キロ)・・・国営森林公園。ムチャ寒かった。10キロだったので、ハーフの間は
                 クロスカントリーコースを走っていた。うどんのサービスあり。
ふかやシティ(ハーフ)・・・東京マラソンと同じ日。小雨の中のスタート。落選組みの涙雨か(笑)
                記録的には満足。ゴール後の煮ぼうとうは最高に美味い。
鴻巣(ハーフ)・・・ブッチャーさんの地元。ほぼフラットで記録でやすいが、電車の乗り継ぎに失敗
           して、スタートぎりぎりに到着。それでもランの内容には満足。
春日部大凧(ハーフ)・・・4年連続。走りやすいコースのはずなのに、何故かいつも記録はいまいち。
               今年も、、、暑さのせいかな。大会会場の雰囲気はいいですね。
柏崎潮風(フル)・・・新潟遠征も3回目。大学の友の家にお世話になる。潮風といいながらほとんど
            内陸。各地区の応援がすごいのです。とても楽しい大会です。
武甲山トレイル(27キロ)・・・秩父の名峰、武甲山を駆ける第1回大会。27キロといえどもかなり
                 ハードなコース。スポーツエイドジャパン主催。良い大会ですよ。
ゆめのしま・・・6時間走にエントリーしてたが、帰省にぶつかりDNS。
8時間耐久・・・7月第1日曜日に航空公園で行われる。8時間でどれだけ走れるか、、、
         今年は35キロくらいでほぼリタイア状態。だんだん無理しなくなってきた(笑)
精進湖トレイル(15キロ)・・・樹海も走るトレイル。六花さんプロデュース。森林浴しながらのレース。
                 樹海の中はとても気持ちよい。鹿カレーのサービス。
小江戸川越(ハーフ)・・・第1回大会。有名な蔵造りの前を走る。初めてながらハーフ6000人。
               人が多すぎて2時間切れなかった。
みたけさんトレイル(15キロ)・・・山の上の御嶽神社がゴール。ロックガーデンの雰囲気が良かった。   
                    ゴール後は宿坊でお風呂のサービス。
年の瀬in所沢・・・30キロか4時間で終わる予定が、甘党のお陰で完走できた。仮装大歓迎の大会
          なので、色んな仮装あり。だんだん仮装の質も上がっています。甘党忘年会も。


番外編として、練習会で印象に残ったベスト2!
名栗U字試走・・・8月のまだ残暑厳しい中の試走。大会は28キロですが、試走は湖畔の部分を
           省いたので、24,5キロか。それなのに半分で撃沈。地獄の名栗湖1周だった。
http://hime42195.blog.so-net.ne.jp/2010-08-27

大菩薩峠トレイル・・・富士山の雄大な景色と、小菅の湯までのふかふかトレイル。最高に走って
             楽しいコースでした。
http://hime42195.blog.so-net.ne.jp/2010-11-04


さて、来年はどんな年になるか、、、、、とりあえず楽しみにしてるのは、2月の三浦半島縦断かな。
ウルトラも一度は走ってみたい気もします。ということで、皆様良いお年をお迎えください!
nice!(8)  コメント(11) 
共通テーマ:スポーツ

サヨナラ2010年の瀬マラソンin所沢 [レース完走記]

26日は「サヨナラ2010年の瀬マラソンin所沢」

スポーツエイドジャパン主催のこの大会も3回目。1年の締めくくりに、航空公園1周
3・246キロのコースを13周して、フルマラソン42・195キロを走るものです。
制限時間は6時間。タイムは自己申告のゆるゆる大会です。

1回目はごく普通の大会でしたが、2回目で仮装歓迎ということで、仮装した人も増え、
3回目の今回はあっと驚く仮装大集合という大会になりました。

10.12.26-3.jpg

約650名ほどの3分の1は何かしらの仮装をしてたのではないでしょうか。
一緒に走っても楽しいし、公園に遊びに来た人も楽しめたのではないでしょうか。

私は今回は4時間か、30キロで終了する予定でした。まだフルを軽く走りきる脚が
できてないので、地獄を味わいたくなかったからです(笑)
9時スタート。最初はまゆさん、nisiさんと一緒に走り、エイドで給水する時間を入れて
1周20分のキロ6分ペースで走ります。
結局最後までnisiさんに、私のペースに付き合ってもらい、42キロ走ることができました。
ゴールは他の甘党の方たちと6人まとめてゴール!
4時間46分12秒!
フルは毎回ラスト10キロは地獄を見るのですが、今回はリラックスして走ったのが
良かったのか、地獄まではいきませんでしたね。案外気持ちよく走りきれました。

ほとんど後ろからの撮影ですが、前の姿はご想像におまかせします(^^;
10.12.26-2.jpg

大会の雰囲気は華やかでのどかで楽しく、スタッフも明るく、エントリー代は1500円なのに、
給水は完璧、軽食も出るというとても素敵な大会です。
nice!(3)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

奥武蔵 吾野駅~天覚山~吾妻峡~飯能駅 その2 [トレイル練]

一般道へ出た後は、「大里屋本店」を目指します。
ここはタケマさんから教わったのですが、「四里餅」という餡入りお餅が美味しいそうです。
ツブ餡4個、コシ餡2個お土産に、ツブ餡1個をすぐ食べるために買いました。
1個125円。焼印の向きでツブとコシの違いが分かるようになってます。
絶えず年配の方たちが来店していました。
しかし、「四里餅」とは何とも面白い名前ですね。この近くに名栗川が流れてますが、
昔、いかだ師達が、このお餅を食べて、しりもちつかずに急流を乗り切ったというのが
由来だそうです。
トレイルでしりもちは避けては通れないものなので、これ食べてしりもちつかないように
頑張りますか(笑)
10.12.22-2.jpg
吾妻峡からはバックパックに入れて走って帰ったので、少し形がくずれてます、、

10.12.22-4.jpg

そして、それを持ちつつ、次の目的地「吾妻峡」へ。大黒屋本店からは走って5分で着きます。
ここはharleyさんからの情報だったのですが、前回この辺を走った時に寄り損ねたので
行ってみました。車道から横に入ってすぐに吾妻峡はありました。手付かずの自然そのままが
残っている場所です。飯能駅からもそんなには離れてない場所で、こんな素敵な場所が
あったのですね。大岩で景色を眺めながら先ほど買ったお餅を食します。皮がもちもちして
柔らかく、餡もしつこくない甘さなので、ペロっと食べちゃいました。一気に3個はいけます!
向こう岸に渡るのにコンクリートの飛び石がありましたが、周りの風景にはそぐわないような
気が、、、そこは何か工夫が欲しいところですが。

10.12.22-1.jpg
お餅と吾妻峡を堪能して、飯能駅までの帰路に着きました。手頃なルート+お土産の
トレイルでした。
nice!(5)  コメント(11) 
共通テーマ:スポーツ

奥武蔵 吾野駅~天覚山~吾妻峡~飯能駅 その1 [トレイル練]

前回(1日)、飯能駅スタートして、飯能河原や多峯主山を経て、天覚山から東吾野駅という
コースを走りましたが、今回(17日)は吾野駅をスタートしての逆コースです。

今回の目的は、前回行きそびれた吾妻峡と、美味しいものを買うのが目的です。それともう一つ、、、

10.12.21-1.jpg

10.12.21-2.jpg

10.12.21-3.jpg

10.12.21-4.jpg
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

三芳PAへ徒歩で! [日記]

家の近く、と言っても車で10分ほどかかりますが、関越自動車道の三芳PAがあります。
上り線にあるパサール三芳がグランドオープンしたので、お昼食べがてら遊びに行ってきました。
といっても車ではなく徒歩で。ここは一般道から歩いて入れるのです。
ETC専用出口を出たところに7台くらいは車も置けるのですが、ウォーキングもしたかったので、
歩いて20分ほどのスーパーに車を置いて奥さんと歩いて行きました。

工事中だったところには、地場産の美味しいものや、コンビニができてましたね。
お昼は豚丼。歩きで運動したこともあって、ペロッと美味しくいただきました。
まだ足りなかったので、パンと焼き鳥買って食べたのですが、それは止めたほうが良かったかな。
時間をおいた為にお腹が太まって、美味しく食べられなかった~、、、(^^;


10.12.20.jpg


帰りもスーパーまで歩いて買い物して帰りました。ウォーキングはいいのですが、
車の排気ガスや、車、自転車、人を気にしつつ歩くというのは大変です。やっぱり山がいいなぁ。
nice!(1)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

みたけ山トレイルあれやこれや! [レース完走記]

宿坊
宿坊(しゅくぼう)とは修行中の僧侶が宿泊するところ、、、、だそうです。
この大会では、ゴールした後、ゼッケン別に20軒くらいの宿坊に分かれて
休憩とお風呂に入れるサービスがあります。1宿60名くらいですかね。
私が利用させていただいたのは「駒鳥山荘」 門構えがいいですね。趣があります。
宿に着くと、女将さん?がお出迎えしてくれ,大広間には、朝、スタート前に
宿坊別に車に預けた荷物が届いてます。
ここでゆっくりくつろぎお風呂に入ります。でっかい木の桶の湯船に浸かって、疲れた
体を癒します。男女別々に振り分けられてるので、普段は男風呂、女風呂に分かれて
ますが、この日は両方男風呂。ここでも食事できます。暖かくゆっくり休憩、、、とても
いいサービスですね。
10.12.17-7.jpg
ここの宿坊では滝に打たれる修行も受け付けてるようですね。


青あざ
急下りでお尻を打ち付けましたが、見事に根っこの形?の青あざができました。
さすがに場所が場所だけに写真で載せるわけにはいきませんのでイラストで、、、、(^^)
根っこの形と別に大きな青タンが、、、
歩くのは問題ないですが、少しでも走るとまだまだ痛いです。(金曜日時点では大丈夫です)
10.12.17-2.jpg
多分、子の様な根っこにお尻を打ち付けたのでしょう。写真は別の山で撮ったもの。


表彰式&ジャンケン大会
ゴールの制限時間は12時。表彰式は1時半から。だからほとんどのランナーは、しばらく
休憩した後、帰路につきます。なので、式に参加するのは100人くらいでしょうか、、、
しかし、これが面白かったの何の!最後まで残ってて良かった~!

まず司会の方が傑作!キャラと絶妙の話芸はたいしたものでした。
表彰式の後のジャンケン大会は恒例のようですが、結果的に全員に何かしら当たるよう
工夫してるようです。トレイルシューズからバックパック、ウェア、現地のお土産までいろいろ
あります。シューズはもちろんジャンケン大会で勝ち残った一人ですが、10人くらい残った
時に小物を好きなものをという具合にその都度何が当たるかの楽しみがあります。
商品が27センチのトレイルシューズの時がありました。私のサイズと同じです。
欲しい人は20名ほど。勝ちたかったけど2回戦で敗退、、、、残念。
結局、小物バージョンの時に10人くらいに残って、何でも好きなものということで、
ゲットしたのは「食べるネギらー油」
地元の商品のようですが、、、、これがとても美味しいらー油でした。辛さよりもネギの甘みが
美味く出ているもので、これでご飯が何杯もいけます。

そして最後にビッグなプレゼント。男性で優勝した方が帰られたらしく、商品のトレイルシューズが
残ってたのです(たぶん、そういう理由だったかと)。目録なので、サイズはいくらでもOKです。
で、司会者が男性でここまで何も取ってない人ということで声を掛けたら、20~30人は
いたでしょうか。皆さん期待に目がランランとしてます。
すると、その中に女性が一人。その時はよく分からなかったけど、ご主人のために
手を挙げたようです。そこで司会者が「男性にということなので、勝ったら男性の証拠を
みせてもらいますよ~」と会場爆笑。ということでジャンケンの始まり。3度ほど司会者の
出したジャンケンに勝ち残った中に先の女性がいます。もう注目の的です。
残ったのは5,6人でしょうか。ここからはその人たちだけでジャンケンしていきます。
一人減り、二人減り、それでも女性は勝ち残ります。その度に周りからは喝采の声が!
盛り上がります。そしてとうとうその女性と男性1人の2人が残りました!

もうここまで残っただけでも驚きですが、一番驚いているのはその女性本人かも知れませんね。
悪いと思ったのか、辞退の表明をします、。でも司会者が皆にこのままいっていいかどうか
聞いて周りは拍手で応えます。そして、2人で最後のジャンケン、、、、、、、、、
見事女性が勝ち残りました!もう、会場は受ける受ける。最高に盛り上がりました。
男30人の中のたった一人の女性。その女性が勝ち残る!こういうこともあるんですね~
司会者の盛り上げと、女性の強運で思いもかけない展開になり最高に面白い
ジャンケン大会となりました~。
10.12.17-6.jpg
式を盛り上げてくれたのは、何といっても司会者の方と、強運の持ち主の女性でしょう!
nice!(5)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

第11回みたけ山トレイルラン [レース完走記]

12日は「第11回みたけ山トレイルラン」初めての参加です。

10.12.12-1.jpg

青梅線御岳駅からバスでケーブルカーの滝本駅へ。そこがスタート会場です。
約900人のランナーが一斉にスタート。15キロ。制限2時間半。

10.12.12-2.jpg

本来ケーブルカーで楽に登れるはずの400メートルの標高差を一気に上ります。
滝本駅は標高400メートル。距離は3キロの九十九折の舗装路です。
ゼッケン番号でスタートは後ろのほうからです。走り始めたときは後ろに50人くらい
しかいません。ブログ友のtorikeraさんとジャンボさんと一緒にお話しながら。
九十九折なので、上を見上げると、ランナーが樹木の中を右へ左へと早歩き。
トップはずっと走っていくのでしょうね。
ケーブルカーの御嶽駅を通過して、さらに960mの大塚山へ。
なのでスタートから5キロはほぼ上りっぱなしです。

10.12.12-3.jpg

そこから下って、神社や宿坊のある地域を経て、ロックガーデンという所を
目指して下ります。岩と小川が流れる幻想的な趣のある場所です。
滝修行の場でもある綾広の滝を通り、今回のピークの鍋割山(1084m)へ。
ハイカーも多いので、横を恐縮しつつ挨拶しながら上ります。
試走してないのでどこがピークか分からず、一番きついところです。

10.12.12-4.jpg

そして何とか鍋割山、奥の院へ。ここからは急な下りが結構長く続きます。
ここではゆっくり慎重に下りてたのですが、木の根っこに乗っかった時、つるっと
滑って、そのまま盛り上がった根っこに臀部をいやというほど打ちつけてしまいました。
やばい今度も病院行きかと思うくらいの痛さでした(^^;)それでも何とかなりそう
なので、お尻をもみつつ進みます。その時けっこう抜かされましたね。

残り2キロ地点でとっくにゴールしたブッチャーさんが私を待っててくれました。
バロンさん、かおちんもゴールしたようです。
私は残り2キロを必死で走るのですが、ブッチャーさんはヒョイヒョイと私の前後を
走りつつ写真を撮ってくれます(笑)

ゴールの御嶽神社へ。石段、、、200段くらいあったのかな、、、すでにゴールした
ランナーたちの応援を頂き、ブッチャーさんと一緒にゴール!
実際はもう少し上の本殿があるところがゴールかと思って、気を抜いてたところが
ゴールでした(笑)

10.12.12-5.jpg

初レースで何も分からないので、とりあえず2時間を目標にしましたが、
結局2時間10分。約900人中701番でした。
12月で標高1000メートルの山の中というのに、走ると暑いくらいの天気に恵まれ
終始楽しく走ることができました。
運営も慣れてる感じで、スタッフの方々にはお世話になりました。

締め切りと重なっているので簡単に、、、、
色々と珍しいことや面白いこともあったので、そういうのは後日。
nice!(8)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ

奥武蔵 飯能駅~天覚山~東吾野 その4 [トレイル練]

10.12.9-2.jpg


ほんと痛かったです。何でしょう?バラ?野バラ?とても固くてするどい棘でした。
少しでもここを立ち去りたい気持ちが強く、最初にイバラの中に突っ込んでも引き返さず
さらに進む。それがかえって棘をくい込ませる!がんじがらめで動けない!
振動や音でスズメバチを刺激させてはいけないので、静かに悶えてました(笑)

何とか危険地帯から脱出しましたが、太もも辺りはチクチクとした痛みが残ってます。
東吾野駅に着いたら目の前を電車が通過。次の電車は30分後なので、隣の武蔵横手駅
まで走っていくことにしました。本来これでも小ネタにはなるのですが、スズメバチの件が
強烈なので、無視します(笑)
武蔵横手駅までは20分くらいでしょうか。山の中はずっと同じテンポで走るということは
できないので、20分くらいだと逆に楽しかったですね。駅の自販機のコーラで打ち上げ。

少し痛い思いはしましたが、面白いトレイル錬でした。
西武秩父線南側ルートは冬場は良い練習場所ではないでしょうか。子の権現や伊豆ヶ岳
まで行ってもいいですね。

家に帰って、タイツを脱ぐと、見事に赤い点々が30個ほど!
その前のトレイル大会で作った治りかけの傷跡の上に、さらに作ってしまいました(^^;
あれから10日は経ちますが、まだ残ってますよ。
10.12.9-5.jpg

次こそは、無事に何事も無く走りきるぞ!・・・・・・・・でもそれだとネタに困るんですけど。

1日のランの記事がやっと終わったと思ったら、、、、、明日はみたけさんトレイルだ、、

nice!(8)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ

奥武蔵 飯能駅~天覚山~東吾野 その3 [トレイル練]

少しだけ、、、、、

10.12.9-1.jpg

次で終わります、、、


nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

奥武蔵 飯能駅~天覚山~東吾野 その2 [トレイル練]

そう、目の前には、あの凶暴なスズメバチが!
10.12.7.jpg
スズメバチもオオスズメバチ、キイロスズメバチ、ヒメスズメバチとかいるようですが、
目の前のスズメバチが何かは分かりません。
私の3メートル先の杉の木の周りを、目線の高さで3匹ほど飛んでいます。
私が近づいているのに反応して警戒してるのでしょうか?
そこに巣があるかどうかまでは確認できず。
10.12.7-2.jpg
10.12.7-1.jpg
でも直前に気がついて良かった~
もし知らずにここを通過していたらどうなってたか。確実に反応するでしょう。
けっこうな下り斜面なので、追いかけられもさくさくと逃げられません。
戻るわけにもいきません。
左側は谷斜面、右側は藪。さあどうする。


nice!(10)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

奥武蔵 飯能駅~天覚山~東吾野 その1 [トレイル練]

1日、一人奥武蔵です。
翌日から天気が悪くなるということで、慌てて決行(笑)
家を出るのが遅かったので、4時間コースで。最初は高麗駅から日和田山、顔振峠
方面へ行く予定が、飯能駅で西武秩父線に乗り換える間に売店で買い物してる間に
気が変わり、そのまま飯能駅を出てのスタートにしました。

西武秩父線の南側ということで地図を持ってなかったので、適当に走ることにします。
まず飯能河原へ。ここは初めてですが、なかなか雰囲気がいいから、今度ヒメの散歩がてら
ゆっくり遊びに来よう。
適当に走りながら、自分は久須美峠へ行くつもりで山に入ったら何故か多峯主山へ(^^;
でも良い感じのトレイルでした。ここも今度ゆっくり散策してみよう。
自分の位置が分からずいったん車道に戻ったら、最初山に入ったところの10メートル先
だったのには笑ってしまった。
吾妻峡へは行けなかったのが残念。
10.12.5-1.jpg 
再び山に入って、本来の目的の南側のルートへ。いつも気になってた飯能日高団地の中にある
小高い場所へある公園を通過したりして東峠を目指す。このルートは景色はあまりよくないけど、
適度にアップダウンがあって練習には最適なコースです。ハイカーもあまりいません。
東峠で車道へ出て、また山に入ります。ここから445メートルの天覚山へ。2時間半。
天覚山で軽く給食とって、さ、このあとどうするか。大高山から吾野駅へ下りるか、早目に
東吾野駅へ下りるか。
10.12.5-2.jpg
さすがに冬は陽が落ちるのが早いですからね。少しでも早く山を下りるに越したことはないので、
天覚山から下りることにします。ただ、ここから2コースあって、沢筋コースと尾根道コース。
沢筋コースは以前走ったことがあるので、今回は尾根道コースで行くことにしました。
このコースは景色はいいけど、途中からけっこう急下りがあります。下が砂利っぽいので
滑りやすくもあり、慎重に進まないといけません。
10.12.5-3.jpg

ところで、最近、走る度に何かアクシデントが発生します(^^;。
奥武蔵で突然足の甲が痛くなったり、伊豆ヶ岳のトレイルで大転倒したり、お台場ランのあと、
電車で寝てしまって朝帰りしたり、小江戸川越のアフターで帽子を忘れたりと、、、、、

さすがにもうここを慎重に下りたら、今回は問題なく終了だと思ってたら、、、、、、、
、、、、、またネタありましたよ~(涙)

10.12.5-4.jpg

つづく
nice!(8)  コメント(12) 
共通テーマ:スポーツ

思わぬ再会 [スポーツ]

小江戸川越マラソンでは、甘党に最近入党した「怪盗さきち」さんと初めてお会いしました。

石黒賢似のナイスガイの青年ですが、、、、、、
何と、23年前に出版された私の「自炊の本」という本を持ってたんですよ~!!!!
10.12.2-1.jpg

「自炊の本」というのは写真等は一切使わず、漫画とイラストで料理を紹介した本です。
10刷りくらいしてますから、そこそこ売れましたね。
さきちさんが大学生の頃に一人住まいをするということで買ったようです。
私にとっては独り立ちしてまもないころの仕事で、今と違って(笑)ひたすら仕事仕事の毎日の
懐かしい作品です。今見るとほんとヘタクソな絵なんですけどね。

彼が最近本の整理をしてるときに出てきたらしく、で、その作者の名前が
どこかで見たような、、、あれ、、、甘党に、、、、というわけで分かった次第です。

23年前のですから、カバーは無くなって、使い古した感じですが、私としては驚きと感激と
感謝で一杯です。その本を21年前に手にしたわけではないのですが、何か23年ぶりに
再会した幼馴染という感じでした。

10.12.2-2.jpg

それしにしてもさきちさんが、よく23年前の本を捨てずに持っていてくれたものです。
この本でハンバーグとかをよく作ってたということですが、私の本が少しでも人様のお役に
たったようで何よりです~。
アフターで本にサインを書かせていただきましたが、その場を仲介してくれたブッチャーさんに
感謝ですね(^^)

10.12.2-3.jpg
怪盗さきちさんは忍者で川越の街を走りました。
nice!(9)  コメント(15) 
共通テーマ:スポーツ

第1回小江戸川越マラソン [レース完走記]

28日は「第1回小江戸川越マラソン」のハーフを走ってきました。

素晴らしい青空の下、素晴らしいコースを駆け抜け、素晴らしい沿道の応援を受け、
楽しくゴールできました。

記録はハーフ7000人の中を掻き分け掻き分け、2時間52秒(ネット)かかってしまいました。

会場ではブッチャーさん、しまさん、遊楽さん、一路さん、あまぐりさん、怪盗さきちさんと一緒です。
今回は、1時間45分切りは無理なので、せめて50分くらいで走りたいですね。

と思いながら、スタート時間に合わせて指定されたコースで、スタート地点へ向かうも
なかなか着かない。公園半周歩いてやっと着いたら、もう人でいっぱい。とても前のほう
へは行けません。本来なら前から3分の1あたりでスタートできたはずなのですが、、、
もう少し早く移動すれば良かった、、、(^^;
この時点で50分きりはあきらめたほうがいいかなと言う状況です。2時間きりが妥当か。
なので、一路さん、しまさんと一緒に半分くらいまではのんびり行きましょうということに。

9時スタート。さすがに7000人で2車線のコースはきつい。人人人です。キロ6分半。

3キロほどで蔵造りの町並みを通過します。ここを走るのがこの大会の目玉でもあります。
やはり小江戸の雰囲気いっぱいの蔵造りの通りの前を走るのは気持ち良かったですね。
でも走るとあっという間でした。 なのでここだけは、走るより応援するほうが小江戸とマラソンの
素敵な合体を満喫できるかも!

6キロまではキロ6分20秒くらい。
7キロ辺りから道が広くなり、やっと5分20~30で走れるようになります。景色も田んぼや
入間川へと変わります。
折り返しが3ヶ所。ランナーとすれ違うのは楽しいですね。
給水所も、スタッフさんのおかげで、人数の割にはあまり混乱なかったですね。
風も無くほんとに気持ちよく走れます。

ラスト1キロは4分50秒台で走れてゴール!
2.00.52

10.11.30.jpg

せめて2時間は切りたかったけど、今回は前半時間かかりすぎたのでしょうがないかな。
コースは多少のアップダウンが刺激となり、とても良かったです。少しでも前のほうから走ると
記録も狙えると思います。
会場は広いので1万人の参加でもゆっくりできました。アクセスが良ければもっと良かったかな。
会場での運営は、痒い所に手が届かない部分があったように感じましたが、おおむね
1回目としては良かったのではないでしょうか。とにかく天気に恵まれましたね。

今回は時間取れなくて簡単なレポになってしまった、、、(^^;


nice!(8)  コメント(15) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る
m-fuji@sb3.so-net.ne.jp

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。