So-net無料ブログ作成
検索選択

年の瀬マラソン・エピソード2 [レース完走記]

この大会では、順位の表彰は無し。
なので正式な記録も無し。
ゴール地点に電光ウォッチはあるので、ゴール時にそれで確認するか、
自分の時計で確かめます。
そして、そのタイムをスタッフに告げ、記緑証にプリントアウトしてもらいます。

09.12.30-2.jpg

あくまでも自己申告です。

ということは、、、

09.12.30-1.jpg

ゴールして自分の時計を止めた時、4時間48分22秒。でもゴールしてちょっと
してから止めたので、2秒程少なくして申告しました。
いたって小市民的な私です(笑)

エピソード3は、そのうち、、、いつか、、、

2009年も残すところあと1日。皆様、良いお年をお迎えください!
nice!(2)  コメント(7) 
共通テーマ:スポーツ

年の瀬マラソン・エピソード1 [レース完走記]

この大会では、タグとかチップはないので、自分で何周したかをチェック
しないといけません。なので、ボードに周回表があって、自分の欄の
1から13の数字に○を付けていきます。
(これは夏の8時間耐久でも同じです)

09.12.29-1.jpg



ところが、、、  (右上からお読みください)
09.12.29.jpg

ラスト1周は、本当に最期の周なのか、余分に走ってるのではないか、と悶々と
走っておりました、、、

私の「12」に印付けたの誰ですか〜〜〜(笑)




nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

サヨナラ2009年の瀬マラソンin所沢 [レース完走記]

 27日は「サヨナラ2009年の瀬in所沢」のフル。

所沢の航空公園内の、3・246キロのコースを13周します。
去年が第1回で今年が2回目。今回は仮装大歓迎ということで去年は
ほとんどいなかった仮装ランナーがたくさん参加されてました。

9時スタート。制限6時間。700名程のエントリー。
ほとんど無風。天気も良くとても走りやすい。
09.12.27-1.jpg

こんなとこを13周走ります。
09.12-27-2.jpg
09.12.27-3.jpg

1周ごとにエイドでゆっくり給水したり、甘党の方と一緒に走ったりで、
気が付けば10周(32キロ)で3時間38分。去年は3時間5分だったので、
おおきく遅れる。確かに去年は記録意識して最初から突っ込みました。
そして、残り3周(10キロ)を大失速!1時間40分かかり、結局4時間45分。
その計算でいくと、大変なことになりそうですが、今回は何とか走り切ることができ
残り10キロを1時間10分。

そして、4時間48分20秒(自己計測)でゴール。
09.12.27-5.jpg

前回とはわずか3分遅れ。この最期の感じを、次の大会に生かしたいですね。
やはり、終盤走れると、気分いいです。


今回は仮装大勝も設けられましたが、見事甘党ランナーズチェリーさんが
ハチの仮装で、見事女性部門で大賞に!
大会の主旨で、ランの表賞はありません。完走証には自己申告で記録をプリントして
もらいます。周回する毎に、自分で記録用紙にチェック。こういうのも面白いですね。
09.12.27-4.jpg

甘党ランナーズからはエントリー、応援含めて35人程が大集合。
1次会は30人、2次会は20人、3次会は13人が参加。2009年の最期を
飾るのにふさわしい1日となりました。
nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:スポーツ

日の目を見た! [日記]

今、コンビニで売ってるので、こういう本があります。

09.12-26-2.jpg

これは再録を集めたマンガ本。内容は全てグルメ物。
再録とは、以前雑誌に載った作品をそのまま使用すること。
不況の折、最近は出版者が原稿料などの費用節減も兼ねて、こういう本が
多く出てます。

このシリーズは今回が4号目(月1回発売)

その中に私が2年程前描いてた作品が載ってます。「デパチカ」東史朗・原作
1回につき2話づつ。なので、今回は7話・8話が掲載されています。

09.12.26-1.jpg

で、この2話分の作品が私にとっては特別な存在。
というのも、以前この作品が掲載されてた雑誌が廃刊になった時です。
本が廃刊になるのは良くあること。その場合、出版社からた後何号で終わるというのが
伝えられ、それに合わせて作品を終わらせます。

しかし、この本はあまりにも突然。この本だけ出してるような会社だったので、
会社が倒産したらそれでお終い、、、(後を濁すようなひどい最期でした)

しかも7話は本が出る直前に。そして、8話は7割くらい描き上げた頃でした。
原稿料はもらえません。でも最も辛いのは2つの作品が日の目を見なかったこと
でした。

それが2年後、ひょんなことから、日本文芸社さんが出すこのシリーズに
掲載させていただくことになったのです。

1話〜6話はそのまま2話づつ載せてもらいます。しかし4冊目の8話は、まだ
残り3割程は描いてなかったので、2年ぶりに残りを描き上げ、7話、8話と
掲載されたのです。、、、、、こういう形の出版だと原稿料はかなり安いのですが、
それより、この2作品が日の目を見たということが、とても嬉しいことです!


明日は「年の瀬マラソンin所沢」マイコースの航空公園でフルを走ります。
私の2度目のサブ4は、いつ日の目見るのでしょうか(^^;
nice!(1)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

第5回チャレンジド・クロスカントリーin彩の国宮沢湖 [レース完走記]

20日(日)は第5回チャレンジド・クロスカントリーin彩の国宮沢湖の12・5キロを
走ってきました。

昨年に続き、2回目の参加。

9.12.20-3.jpg

前回は甘党ランナーズのnisiさんと二人だけの参加でしたが、布教活動のお陰か、今回は
13人が参加。楽しい時間を皆で過すことができました。


9.12.20-5.jpg

主催はスポーツエイドジャパン。飯能にある宮沢湖の回リを1周する2.5キロ。2周する
5キロ。山の中も走る12・5キロの部があります。

12・5キロの部は、若干きつめの登りが2ケ所あるくらいで、とても走りやすいコースです。
枯葉がコースに敷き詰められててフカフカですが、その下に石が隠れてるとこもあるので
トレイルシューズで走ります。
600名弱が10時半スタート。
9.12.20-2.jpg
宮沢湖の周りを4分の3周してから山に入ります。1周目はあまり無理せず行きます。
といっても心肺にけっこう来ます。でもどういうコースかは良く分かってるので、気分的にも
楽です。
3・5キロ程走ってまた湖へ出て1キロ走って再び山へ。山の最後の方にきつい登りがある
のですが、1周目は半分歩き、2周目は何とか歩かないで(最後ちょっと歩く)再び湖へ出て
残り1・5キロ走ってゴールです。

かおちん、kyokosさん、モコさんと競り合いながらのランはとても面白かったですね。

1時間27分20秒? 年代別40位 

去年は1時間30分ちょいだったので、3分早くゴールでした。

9.12.20-1.jpg

今回はサプライズが二つ。
一つは、ブロガ−のトリケラさんと会えたこと。コースの途中で写真を撮ってる人がいたので
声をかけたらそうでした。トリケラさんは大会の様子をたくさんの写真で紹介してます。
(半端なかずではありません。そして、しっかり止まって撮られるので、画像がキレイ!)
さらにちゃんとした説明をつけるので、これから走るであろう大会の様子がよ〜く分かり
ます。さらに走った大会でも、その時の記憶を呼び戻させてくれます。
歳も近く、一度お会いしたいと思ってたので、つい声掛けしてしまいました。

9.12.20-6.jpg

そしてもう一つはこのプレゼント
スポーツエイドジャパンが主催する大会の、名栗U字と、奥武蔵スーパークロスカントリーと
今回の宮沢湖を出ると、景品がもらえるのです。それが楽しみで、この3つに出たような
ものです(笑)
民家の形をした紙のケースに入っていたのはこれら。とても記念になります。
9.12.20-4.jpg
nice!(2)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

PC事情 [日記]

普段仕事で使ってるパソコンは、Mac。
それが、OS9・2という、恐ろしく古いものなのです。
でも仕事で絵を描く作業に関しては、別に不自由してないので
これで通してました。(漫画の場合は色を塗る程度だから)

しかし、古いマックでネットをやるとなると、不便このうえない。
YOU TUBEは見れないし、MAP関連のサイトも活用できない。
ブログもプロバイダ−によっては見れません。諸々できないこと多過ぎ!
さらに自分のブログを作る場合でも、文章は書き込めても、写真やイラストは
取り込めない。細かい点では、so-netでブログを作ってる方の所へは
行けてコメントはできても、niceのボタンは押せない(^^;

なので、不自由な部分は、ウインドーズのノートパソコンで補ってます。
Macで写真やイラストを加工して、それをウインドーズへ持ってって取り込む。

でも普段リビングに置いてるし、就活中の息子と取り合いになるし、大変なのです。

ところが、6年前に買ったそのノートパソコンが調子悪くなった。
突然プッツンと切れてしまう。何度も。
なので、買い替えることになりました。明日来ます。

だから今回はイラスト無しです。
私の記事から、写真とイラストを無くすと、まったく面白く無いですね(苦笑)


20日は宮沢湖で走ったので早くアップしなきゃ!
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

NAHA翌日2・首里城 [日記]

公設市場の次は首里城。なだらかな丘陵地全体が公園になっています。

守礼の門
9.12.15-2.jpg

瑞泉門
9.12.15-3.jpg

城内から那覇市街地と海が見える。
9.12.15-4.jpg

正殿。改修中でした。
9.12.15-5.jpg

正殿前の御庭。
9.12.15-6.jpg

漏刻門
9.12.15-7.jpg


nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

NAHA翌日1・公設市場 [日記]

マラソンの翌日は観光へ。
帰りの飛行機は夜8時の便なので、めいいっぱい回れます。
まずは国際通りの公設市場へ。ここはなかなか面白い場所ですね。南国特有の
ハデハデ色の魚や、豚肉、漬け物等、たくさんのお店が入ってます。
試食もふんだんにでき、それだけでお腹いっぱいになりそう。

9.12.14-1.jpg

結局タン、豚の角煮、島らっきょうやくらげの漬け物など買う。
どれも美味しく、帰ってからご飯と一緒においしく食べましたよ。
沖縄の食べ物はどれも旨い。
泡盛もミニボトルで買いましたよ(箱にトリオと書いてましたよ、女将♪さん)

しかし唯一、、、、
ドラゴンフルーツというのには、びっくり。包丁で切るとその中はまっかっか!
(実が紅いのと、白いのがあるそうです)

9.12.14-3.jpg

どんな味かと食べると、、、、、う〜〜む、、ちょっと変わった果物???

9.12-14-2.jpg
nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

NAHAマラソン [レース完走記]

6日はNAHAマラソン。なんと、3万人が走ります。
東京マラソンのフルは2万5千人だからそれよりも規模が大きいですね。
そして制限が6時間半。最後尾はスタート地点まで20分以上かかるから
実質6時間ちょいということでしょうか。だから完走率は60%台。
(ちなみにに今回は30081人中、20860人がゴールで完走率69・35%)
この数字ってけっこう凄いものを感じる。東京は97%ですからね。

私の今回のテーマは、後半どれだけ踏ん張れるか。
いつも最初はキロ5分30〜40秒台で行き、後半だんだん落ちてくるというパターン。
なので今回はキロ7分当たりで進み、後半アップできるのか試したかった。
それにこの大会はお祭り色が強いのもあって、最初はのんびりいきます。
さいわい甘党の人達は仮装もして、ゆっくり行くというので便乗。
しかにみんな若いですな。おじさんついていけませんよ、、、(^^;
心の旅人さん、Rinkoさん、Junさん、チェリーさん、かおちん。ねぎさんは途中から合流。

9時スタート。10000台のゼッケンあたりからだったので、スタート地点まで
12分かかる。道路も広く使えて、国際通りまではとても走りやすかった。
最初から私設エイドもあり、太鼓の応援などお祭りの雰囲気が楽しい。
しかし、だんだん使用できる道路が2車線とか1車線になってきて、その広さで
3万人が走るので混雑します。流れに沿って走ると、キロ7分半という感じです。
途中で甘党トイレタイムがあり、15分は待ってたでしょうか。おそらくその間に
1万人のランナーに抜かれたかも(^^;でもその間に見たランナーの壮観さは
すごかったですよ。迫力ありますね。

9.12.9-1.jpg

最初の関門は21・3キロ地点の3時間15分。
ゆっくり走ってると関門に引っ掛かるかもしれないという危惧も生じるくらい
になりました。けっして遅くなったわけではなく、人が多過ぎるのです。
中間点を過ぎて関門では何と2時間55分。グロスだと、3時間7分にはなってる
ので、関門まで残り8分という状況でした。あぶない、、、

9.12.9-2.jpg


ここで感じたのは、私は通常の中間点では2時間弱ですが、今回の3時間弱で走っても
脚に来る疲労は、、、、あまり変わらないかも、、、(^^;

さて、後半ペースアップできるのか。自分としては甘党の人達にお別れして、さっそうと
残り半分を走り切る予定が、全然ダメです。前半と同じようにキロ7〜8分でしか
走れません。それでも皆と走りながらは楽しいですが。
25キロあたりで、やっと海が見えるポイントがあります。そこまではアップダウンが
けっこうありましたが、ここからは下りの後、平坦なコースとなります。
相変わらずの私設エイドは盛況。ただ、前に聞いていた、泡盛や沖縄そばをふるまって
くれるエイドは発見できず。おそらく私の位置だともう完売で店じまいしてたんでしょうかね。

9.12.9-3.jpg

平坦な路でも脚は動かず、皆に付いていくのがやっと。
2番目の関門は34キロ地点の5時間。ここはグロスで4時間40分で通過。(ネット4時間28分)
通常ならゴールしてるのになと思うと、残りが長〜く感じる。
結局最初ゆっくり目で入っても同じなのねとガッカリしてる頃、Junさんから残り7キロを
ペースアップしていきましょうかと誘われる。そんな足残ってるかなと思いつつチャレンジ
してみることに。

35キロからはキロ5分30〜40秒で走ります。おお、けっこう走れるではないですか!
どんどんランナーを抜いていきます。ただ、1車線しかないので、走りづらい。こういう時
前にランナーがいてスピードが弛んだ時、元のスピードに上げるのが何ときついことか。
必死で走ります。自分では4分台の感覚ですが、実際は5分前半。通常のスタート直後は
こんなんで走ってるのねと、妙に感心してしまう(笑)
Junさんはまったくぶれることなくさっそうと前を走っています。彼女はフルを3時間20分で
走る快速ランナー。やはり違うなぁ。そして39キロ辺りのエイドで水を飲もうと
スピードを緩めたら、足が動かなくなって歩いてしまう。40キロまでゆっくり走ったり
歩いたりそこから残り2キロを再び、ペースアップ。最後の下りをかけおり競技場へ。
トラックでも一度へたれて(笑)何とかゴール。
9.12.9-4.jpg

 5時間29分47秒(ネット)    5時間41分51秒(グロス)
  12391位

何だか、4時間ちょっとで走っても、5時間で走っても、フルは同じくらいしんどかった。
とにかく人、人、人。人に酔ってしまいました。人多過ぎて景色が見づらかったり、エイドに
気づくのが遅れたり。4時間前後のランナーまでだと、空間的に余裕があるからその辺は良いかも。
まあ、3万人のランナーに対して、1車線だけのコースが多いのはきついですね。

ただ、沿道の応援は最高。東京マラソンは知らないけど、長野より凄かった。
エイドではパイナップルが美味しかったですね!それと、氷のしゃぶり棒?。これは初めての経験。
ラスト2キロで最高のプレゼントでした。

この大会は、マジ走りか、お祭り気分で徹底的に楽しむのがいいでしょうね。中途半端に
後方からゆっくり走ったら走りづらいですよん!マジだとけっこう坂が多いのでタフなコース。
お祭りだと最高の大会でした。
nice!(3)  コメント(19) 
共通テーマ:スポーツ

NAHAマラソン前日 [日記]

行ってきました。約30年振りのオキナワ!

学生時代、琉球大学に行ってた友人を尋ねて1週間。
彼のアパートに泊まり込み、果ては彼のサークルの石垣島への研究旅行に着いていったりの
貧乏旅行でしたが、楽しいのなんの。今までの人生の中でも一番記憶に残る1週間でした。
と言っても記憶は、自然的に薄らいでいますが、、(^^;

この日は朝9時過ぎに空港へ着いて、レンタカーで美ら海水族館へ。丁度お昼頃に着くので、
水族館の近くの沖縄そばで有名な「きしもと食堂」へ。
ここはブログ友のsallyさんのブログを見て行こうと思ってました。。
本店と八重岳店がありますが、本店の方へ。これはいつ建てたの、、、というくらい古い
お店に約10名の行列。中はおそらく30名以上の客が食べています。
ようやく順番が来て、沖縄そばの小と、ジューシー(まぜごはん)を注文
沖縄そばは麺が独特ですよね。変な言い方すると、スープが絡まない麺?最初の一口は
パサっという感じですが、食べていうくうちに、口の中でしっとりと調和されていく。
カツオの利いたスープと豚肉が丁度良い感じの味つけで旨い!
ジューシーという、沖縄そばの出し汁で炊いたごはんも、しつこくなくまさにジューシー。
店主?のおばさんも愛想良く迎えてくれて、とても素敵なお昼でした。

9.12.6-1.jpg

ただ、行列に並んだお陰で、前日から沖縄入りして、ちょうど水族館へ来てた、
心の旅人さんとすれ違ったのは残念でしたが。(私が水族館の駐車場へ着いた時、
那覇へ戻るバスに乗り込もうとしてた時でした)

美ら海水族館は、もちろん大水槽の3匹のジンベイザメが目的。優雅に泳いでましたよ。
館内は修学旅行の団体も多く、ごった返していましたが、マナティやウミガメ。イルカ等も
見れて十分満喫!  、、、、ではなく、大水槽につい気を取られて、サメのコーナー
回らなかった。これまた残念。

9.12.6-3.jpg

那覇まで戻ると、もう夜。そして、渋滞の中、前日受付を済ませ、明日の大会を待つのみ。
とその前に、夕食を取らないといけないので、ブラブラしながら入った「ハイウェイ食堂」
元広い喫茶店の感じ。
いろんな定食が4〜600円台でボリュームたっぷりで旨い。しかも24時間営業。
細かくは描けないけど、今回の旅行で一番インパクトがあったかも(笑)

9.12.6-2.jpg

さあ、明日はNAHAマラソンです!
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

NAHAへ! [スポーツ]

6日はNAHAマラソン(フル)を走ります。

5日の早朝、羽田から出発して、6日走り、7日遅く帰ります。
本当は行く予定はなかったのですが、走りの鉄人K氏からの誘いで。
旅行を兼ねて、両方夫婦4人で。
沖縄はじつに30年ぶり!

マラソンはつくばの2週間後だし、練習不足だし、暑いだろうし、せっかくの沖縄
だろうし、、、、完全なファンランです。
といっても42キロですから、私の走力では完走だって簡単ではないので、なるべく
悲惨にならない程度の走りで、ということでしょうか(笑)

甘党のかたも何人か走ります。会場で会えそうなので楽しみです。
コース上の施設エイドがすごいらしいです。沖縄ソバや泡盛まであるらしい!

ゼッケンは「4829」(シバフク・柴福・柴犬のヒメが福を呼ぶ!)

でも一番楽しみなのは、マラソンではなく、、、、美ら海水族館だ!

okinawa01.jpg
nice!(3)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ

奥武蔵ラン・東郷公園〜子の権現〜竹寺〜吾野駅 [トレイル練]

11月29日は一人奥武蔵

東郷公園〜吉田山〜子の権現〜竹寺〜前坂〜吾野駅〜東郷公園

目的は、10日程前に行った東郷公園の紅葉の様子と、新しいルート開拓。

車を東郷公園の駐車場に置いて出発。ちゃんと参拝料払いました。
紅葉は前回よりは紅い。でもピークは過ぎてるという感じでしょうか。それでも
十分楽しめました。頂上の秩父御嵩神社まで、400段近くの石段を登る。
頂上の本殿の右横から奥に入ると、吉田山経由、子の権現までのルートがある。
けっこうなアップダウンがあり、なかなか気持良く走るというわけにはいかないが、
意外と面白い。鍛練にはちょうどいいコースでしょう。
途中、10名程の高齢の団体さんと出合う。急坂だったので、止まって待ってたら
すれ違いの一人の老人が「走ってるのかい、すごいねぇ」といきなり私の足を
触ってきた(^^;ちょいとビックリ。

9.11.29-1.jpg

スタートして1時間程で子の権現へ。もうここは何回目だろう。4回目?
いつもの駐車場からの景色はバツグンでした。
ここから 竹寺へ向かう。このルートは極上のトレイルコース。3キロほど、ほとんど
走りきれる。下り基調ということもあるし、コースも整備されている。まぁ、その分
変化には乏しいかも。それでもこれまで走った奥武蔵の中ではナンバー1かも!

9.11.29-2.jpg

9.11.29-3.jpg

ここでハプニング! 走ってると前方に女性2人連れのハイカー。だんだん近づいて
いく。けっこう足音やバッグの擦れる音などで、私の存在は分かってると思っていた、、、
けっこう接近した時、ちょうど、道幅が狭く、片側は斜面になっているので、今声をかけて
路をゆずってもらうのは危ないかなと思って、そこの部分を通り過ぎるのを待つ。
しかし、まったく女性は気づいてなかったようだ。気配を感じたのだろうか、振り向いて
突然「キャア!!!」相当驚いたようである。こちらもその女性の反応に驚く。
二人にあやまって追い越させてもらう。もう少し早く声を掛けてれば良かったですね。
しかし、その二人には、山の中で突然現れた変質者と一瞬は思われたんだろうな、、、(^^;

竹寺到着。ここは綺麗で、なかなか雰囲気良い空間でした。車でも直接来れて、観光バスや
自家用車でけっこう多くの人がいました。紅葉をカメラに収めにきた人も。
ここからはしばらく舗装路を走ります。極上の土の上の後なので、衝撃感を感じるが、
やや下りということもあって、快適に走る。

9.11.29-4.jpg

再び山に入って、吾野駅までの山越え。このコースはあまり人が通らないのか荒れ気味。
走りづらいので、ほとんど歩く。そして前坂への分岐へ到着。右に行くと大高山。
大高山はまだ行ったことがないので、こちらへ行きたかったが、車を置いてるので
まっすぐ吾野駅へ。ちなみに左へいくと、子の権現。ここで3時間経過。

山を出るとそこは吾野駅。ここから東郷公園まで2キロ程。途中西武秩父線を真下に
見ながらのユニークなところもあり、東郷公園に到着。3時間半。15キロ。

9.11.29-5.jpg

惜しいなぁ!東郷公園から竹寺まではとても良かったけど、その後舗装路と、前坂までの
コースがいまいち。竹寺からは名栗の方へ行って、かたくりの湯にでも入って、バスで
飯能まで帰るというパターンもありますね。でも一人でさくッと走るには良いですよ。
nice!(2)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る
m-fuji@sb3.so-net.ne.jp