So-net無料ブログ作成
検索選択

第15回手賀沼エコマラソン [レース完走記]

25日は第15回手賀沼エコマラソン(ハーフ)

この大会は4年連続エントリー。
でも私にとってはあまり相性の良くない大会。
1回目は、前日の飲み会の影響か、脱水状態みたいになってヘロヘロで
ゴール。2回目は用事でDNS。3回目は湿度に負けて失速。
天気も毎回雨にヤキモキの大会。今回も前日から雨が降って、心配しましたが、
何とかスタート前には上がりました。(自宅の所沢方面はずっと降ってたらしい)

2.jpg

MAX目標はもちろん1時間45分切りだけど、現状では1時間50分切り
かな。

10時スタート。かなり後方からのスタートで、スタート地点まで6分以上
かかる。9000人のランナーなので、しょうがないですね。
走友のHさんと走る。Hさんとは同じレベルでしのぎを削るライバルです。
ハーフでベストを出した今年のみさとマラソンでも,18キロくらいまで
併走し、最後は置いていかれましたがそのおかげで良い記録が出せました。
(でもHさんは私よりずっと年上。尊敬します)
8キロあたりで、チェリーさん、aiaiさんと遭遇。声かける。

〜2キロ 10.55
〜4キロ 10.11
〜5キロ  5.03
〜6キロ  5.34
〜7キロ  4.53
〜8キロ  4.56
〜9キロ  5.02
〜10キロ 5.13
〜11キロ 4.58

橋の上の4キロ地点までは、渋滞で走りずらい。でも4車線を使ったランは
相変わらず気持ち良い。応援も多い。6キロ先から中間点までは、キロ5分で
走れてるので、いいんじゃないでしょうか。それもやはりHさんのお陰。
常に相手を意識して、前を行ったり、後ろに付いたり、、、、
気温は低めだけど、もっと寒くなって欲しいくらい。
〜12キロ 5.12
〜13キロ 5.20
〜14キロ 5.04
〜15キロ 5.11
〜16キロ 4.57
〜17キロ 5.31
〜18キロ 5.05
〜19キロ 5.15
〜20キロ 5.28
〜ゴール  5.27

後半の12キロの2つの坂は、相変わらず意地悪な感じの存在ですね。
スピードも落ちてます。この辺で踏ん張れればいいのですがね。
自分としては落ちてる意識はなく、逆に調子いいんですけど、、、
やっぱり、体重かな、、、あと3キロは減らしたい。
Hさんとは、後半の橋を渡り終わった17キロあたりまでずっと併走。
お互い、きつい、しんどいとぼやきながら走ります(笑)

折返しのところでかおちんとすれ違う。間は3〜400メートルくらいでしょうか。
いちおう目標にして、少しだけスピードアップ。そこでHさんの前に出る。
18キロあたりで、焼ちゃんがさっそうと走り抜けて行く。今回は15キロまで
調整ランで、残り6キロでアップ。周りとの差がすごかったですね。

バロンさんが応援。でもゴールから3・5キロ地点まで歩いて来てたので、帰りが
大変そう。

そしてゴールへ。残り100メートルでスピードアップ。最後は自分でもびっくりの
スピードでゴールすることが出来ました。

1時間48分17秒(ネット)

何とか50分は切れましたが、ベストからは3分も遅い。自分的には今回は最後まで
ヘタれず走れたと思ったんですけどね。最初の渋滞がなければもう1分は早かったかな
とも思うけど、まあ、現状の練習量と、体重では良く走ったと思います。
あと、山を走るようになって、少しは最後の踏ん張りができるようになったかな(^^)
その分、中盤ややだらける癖があるのかも。何せ、山はしょっちゅう休みますから(^^;
しかし、一番大きかったのはHさんの存在でした、、、

今までは、手賀沼との相性が良くないと思ってたのに、そこそこの走りができたら現金な
もので、全てが良く見える(笑) 特に給水の場所が、自分には絶妙の場所に設置されて
ましたね。

今回は久しぶりの女将♪さんや、お初のサンタパパさんにあえて良かった。
C_Cさんには会えず残念。

会場では30名以上の甘党が集結。アフターは25名の大所帯でバイキング。
楽しい1日でありました。

3.jpg

今回、乳首に絆創膏貼るの忘れたらこんなんになりました。
ハーフは微妙な距離で、大丈夫な時もあるのですが、今回はしっかり擦れて
しまいました。でも走ってる間はまったく分からず、気づいたのはゴールしてから。
4.jpg
しかし、不思議なのは、何故こういう位置に血がついてるのか?、、、
乳首との位置関係がよく分かりませ~ん(^^;
nice!(5)  コメント(16) 
共通テーマ:スポーツ

高島平・日刊スポーツ・ロードレース大会 [レース完走記]

18日は高島平・日刊スポーツロードレース大会の10キロ。

5キロ(制限30分)10キロ(制限55分)そして20キロは陸連登録者のみで
制限時間は何と90分という、私にはレベルの高い大会です。
もちろん20キロは登録してても完走できない世界なので、10キロにエントリー。
ベストは46分台でも最近は50分前後。下手したら制限に引っ掛かるレベルなので
気を抜けません。

会場は高島平駅のすぐ近くの旧高島平七小。10キロは約650人がエントリー。
5キロの周回コースを2周。(20キロは4周)
単純にいうと、2キロの直線が2つ、500mの直線が2つ。

9.10.21-2.jpg

8時47分スタート。
1キロと6キロはキロ表示がないので、平均値で出してます。

 1キロ  4.35
 2キロ  4.35
 3キロ  4.33
 4キロ  4.53
 5キロ  4.57
 6キロ  5.05
 7キロ  5.06
 8キロ  4.56
 9キロ  5.03
10キロ  4.44       48.30(ネット)

               48.47グロス


中間点あたりでばててますが、最近の調子からだとまあまあ頑張れたかな。
トップランナーと走れるといっても、併走するわけではないので、走りは
いつもとそう変わりませんが、回りが緊張感があるんで、手を抜けない感じ(^^;
そのせいか、自分としては出だしがちょいと速すぎて、中盤疲れたかな、、、
でも最後はあげられて良かったです。

トップランナーの走りは、20キロの方で堪能しました。やはり凄いですね。
目の前を水が流れるようにサーっと走り抜けて行きます。トップは60分前後らしいです。


9.10.21-1.jpg

アフターは甘党の皆とファミレスで。
今回は応援にフランス支部のmihoさんとご主人のフランシスが来られました。
サプライズでした。


      



nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

奥武蔵トレイル・正丸~伊豆ヶ岳~前坂 [トレイル練]

東京マラソン4年連続落選で傷ついた心を癒すために、山へ行ってきました、、、、

なぁ~~~んてね。13日の抽選発表前に行ってきました(^^;




12日は、奥武蔵一人トレイル。

秩父西武線正丸駅~正丸峠~伊豆ヶ岳~子の権現~前坂~吾野駅

今回の目的は、11月8日に行われる、奥武蔵高原スーパークロスカントリーの試走と
新しいルート開拓。
スーパークロス17キロのうち、8キロくらいは経験済。今回はそれに2キロ追加。
残りの7キロは舗装路を走るので試走しないで、その代わり、子の権現から前坂までの
ルートがあるので行って見ます。

9.10.15-2.jpg
赤太線、細線が大会ルート。子の権現からは舗装路の下りが続く。
青線が前坂への初ルート。


正丸駅からはずっとダラダラの登りが続きます。伊豆ヶ岳の頂上が高さ的にはピーク
ですが、その後下ってまた登る古御岳までピークと思ったほうがいいかも。
それからは、天目指峠までは、走れるところもあり、軽い登りあり、急なくだりありと
快適な走りができます。しかし、この天目指峠から子の権現までは急登が続くので注意ですね。

9.10.15-1.jpg
正丸駅            
正丸峠からの景色        おなじみ伊豆ヶ岳への男坂ルート。私は女坂へ。
子の権現まえの急登が続く場所。(ミニ三脚にて撮影)

子の権現から、スルギ、キワダの坂を経由して、前坂まで行ってみます。
小刻みなアップダウンと共に、狭い道の横は急斜面という、ぼうっと走ると落っこちそうな
ところが多く、神経使います。山歩きにはいいけど、走るにはちょっときついかな、、、
途中に、山地図で「墓地」という表記のあるところがあって、気になってたのですが、
そこは14,5のこじんまりとした墓石が並んでるところでした。植林された山の中にぽつんと
お墓があるのは不思議な感じ。近くに民家があるというところではなかったですから。
でもお墓の周りはきちんと清掃されてて、しっかりご先祖様を奉ってるようです。
見通しの良いピークから急な下りがあったり、いったん舗装路に出たりして、前坂へ
向かいます。いちおう迷わずに進むことはできました。

9.10.15-3.jpg
あまり間伐されてないのか、細いヒノキ多すぎ。   アップダウン多し。
手作り風の道しるべ。               お昼のお弁当。

9.10.15-4.jpg
左が子の権現付近。         石灰石採掘場。上は高山不動尊付近。
山の中にポツンとお地蔵さんが。  ハイキングコースの近くは発破場。
前坂の分岐。             吾野駅。

前坂は分岐場所。ここでさらに進むか(大高山、天覚山方面)、吾野駅方面へ行くか、、
ちょっと考えて吾野駅へ向かい、帰ることにしました。16キロ?4時間半の行程。

子の権現までは、多くのハイカーに会いましたが、開拓コースでは、ハイカー一人だけ。
トレイルランナーは全行程でゼロ。だ~れもいないピークで奥さんが用意してくれた
おにぎりをほうばる。コンビニのおにぎりより、丁寧に大事に(^^)
nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

東京マラソンは、、、 [スポーツ]

東京マラソンの抽選結果の通知がきました。

今年は9倍。その結果、、、、

blog061005.jpg

このイラスト、毎年使用してます。4年連続!

あ~、ブログ更新が楽でいいなぁ(笑)
nice!(1)  コメント(9) 
共通テーマ:スポーツ

ワンが走る! [ペット]

航空公園に行ったら、ドッグレースが行われてました。

看板を見ると、土、日とやってたようです。50メートルくらいのコースが2レーンと、
もう1レーン別にありました。その中をワンちゃんが走ります。
私が見た時は、もうほとんど最後の方らしく、準決勝とか決勝レース。
いかにも速そうなワンちゃんが、ご主人達が待つゴールまであっという間に駆け抜けて
いきます。着順が難しい場合は、デジカメの動画?で調べて判定してましたね。

9.10-11-2.jpg

犬種は何でしょう?。

ヒメもその場にいましたが、とてもとてもあんなに速くは走れません。
9.10.11-1.jpg
nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:ペット

葛西臨海公園4時間走 [レース完走記]

4日はエコ・ジャーニー葛西臨海公園4時間走。


葛西臨海公園の(変則)1周4キロのコースを4時間で何キロ走るかという大会です。


観覧車近くのあずまやを拠点に、約250名のランナーが集りました。4時間めいいっぱい
走る人もいれば、休み休み、あるいは、半分で終了というランナーもOKの、いわゆるのんびりと
楽しみましょうという大会です、懇親会という、飲み食いも充実した大会です。

甘党からは、路の途中さん、春日部さん、しぶままさん、sugarさん、MIKIさん、てつろうさん
Junさんがエントリー。地元のkanemihoさんは応援で登場。

9時スタート。目標はキロ6分で、なるべく長く走ること。エイドでの休みを入れたら、9周
36キロかな、、、
天気に恵まれすぎたのか、けっこう暑いです。湿度はあまり感じません。
木陰はあまり無いですね。3割くらいでしょうか。ランにはちょっと辛い条件です。
だからエイドでのスイカは旨かった。(給水は、マイコップを用意して、自分で注いで飲む)
浦佐マラソンでは、ゴール後たっぷりスイカを食べましたが、今回はエイドの度に食べれて
幸せです。大きな声でランナーを激励されてるスタッフの方もいて感謝です。

5周20キロまでは、順調に走れました。エイドでの時間を除くと、23〜24分。
途中MIKIさんと併走したり、甘党の人達をカメラに撮ったりしながら走ります。周回コースだと
こういうのができるのでいいですね。公園なので、遊びに来園してる人もたくさんいます。
なるべく邪魔にならないよう走ります。意外とアップダウンがある。後半つぶれそう、、、

6周目からは、、、案の定疲れました(^^; 暑い暑い!エイドでの休みも長くなり、
キロ7分くらいでちんたら走ります。自分を抜いて行く甘党で、誰がはやいのか分かりますね。
この時点だと、sugarさん、春日部さん、しぶままさんの順です。そして7周目後半でJunさんに
抜かれる。でもエイドまでの1キロちょいを一緒に併走させてもらいました。(何故かこの時だけ
元気に走る^^;)Junさん最後に、ラン中の甘党メンバーを全員をカメラに収めることができて
ホッとです。

9.10.4-1.jpg

8周目中間点で、突如、後ろから「ほっほっほっほ!」という声が。これって、富士山麓で聞いた
かおちんが下りを走る時に発する声?!(富士山麓トレイルその3参照) でも彼女は斑尾で
50キロのトレイルを走ってるはず。何だぁと振り返ると、、、、、、しぶままさんでした!!!!
私を後ろから追い抜く時にウケるのはこれしか無い、ということでびっくりさせたかったようです。
ま〜ったく人騒がせなお人です(笑)
9.10.4-5.jpg

その後、ブログ友のsallyさんと併走する。
sallyさんはサブ3を目標とするランナー。しかも今週はあのハセツネに参加。その練習のために
バックパックを背負って走っています。1キロほどおしゃべりしながらのランでした。

9.10.4.-4.jpg
9.10.4-2.jpg

そしてエイドへ。この時点で3時間半。32キロ。残り30分。もう1周しようと思えばできないことは
ありません、、、、が、スタッフの方が言うんですよ。
「残り時間で1周できなかったら、その分は記録に残りませんよ。それにギリギリまで走ってたら
ビール残ってないかもしれませんよ。だったら今止めてビールはいかがですか~~」と。

これは神のお告げです。ここで無理して故障するなということでしょう。
だから素直にそのお告げに従いました(笑)

懇親会では、たっぷりのビール、チュウハイ、ワインに数々のご馳走が揃えられています。
これでエントリー代、2500円でよかったのでしょうか。でも200名もの、腹を空かせた
ランナーの前では、あっという間になくなります。
表彰式では、甘党女性陣が2・3・4位を占める快挙!すごい!

最後はちょっとへたれましたが、天気も良く、周回コースの楽しさを満喫し、美味しいものをいただき
満足の楽しい1日でありました。

9.10.4-3.jpg





nice!(4)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ

第3回富士山麓トレイルラン その4 [レース完走記]

う〜、その4まできてしまったか、、、


        9.10.3-5.jpg

ゴールまでどう走ったか、、、その3でも書いてるようにあまり覚えてないのです。
遭遇したところから200メートルほど行ったところの神社で、ざんくろうさんがカメラ
構えていたのと、2ケ所くらい登りがあったような、、、、

そして、何とか抜かれずにゴールできました!

9.10.3-2.jpg

2時間47分39秒(グロス) 部門別233/346  総合259/407

ゴール付近は、先にゴールしたランナーが拍手で迎えてくれてます。嬉しいですね。
心の旅人さん、Machankさん、うめちゃんが待っててくれました。
gongonさん、事務局Aさんは転倒して負傷したので、治療で先に会場へ戻りました。
さいわい軽症だったようで良かったです。

そして、1分ほどしてかおちんもゴール! 

去年より15分遅かったそうなので、相当疲れがたまってたのでしょう。
普段なら問題なく早い彼女です。抜かれなかったのはラッキーでした。
しかし、あの時の、下りを走るオーラはやはり凄かったな、、、。

ゴール後はお互いの健闘を讃えあい、ゴール前の話をしました。
10メートルまで接近されたこと。
接近中の迫力がすごかったこと。
必死で、前を走ったこと、などなど。

するとかおちんは、、、、、、、「え、全然知らなかった?」
私、、、「?」

9.10.3-6.jpg    

9.10.2-6.jpg

そうです、私だけ勝手に「一人鬼ごっこ」やってました。
ほんと、すぐ目の前をあたふたと走ってたと思うのですが、存在感無く気づいてもらえなかった
ようですね(笑)
先にゴールできたのは、かおちんが抜く相手が前方にいなかったこと(笑)
おそらく気づいてたら、ロックオンされて、ゴールまでの間に抜かされていたことでしょう。


今回は特に長くなってしまった。それだけ、大会が楽しかったということですね。
ゴール後のアフターとかの様子も書きたいのですが、、、(^^;

富士山麓をゴールする前に、1週間後に行われた「葛西臨海公園4時間走」で先にゴール
してしまった、、、、、、

nice!(1)  コメント(18) 
共通テーマ:スポーツ

第3回富士山麓トレイルラン その3 [レース完走記]

この大会コンセプトは『タイムや順位にこだわらず、豊かな自然の中で遊ぶ一日を 楽しむこと
六花さん曰く、、、「少しでも長く森の中で愉しんだランナーが勝者である

う~ん、いいですね。
それに反するような後半になりそうですが、自分を追い詰めないとゴールまで辛そうなので、
かおちんに追いかけてもらうことにしました(勝手に)
前半はコンセプトに近い感じで楽しんだし、ある意味鬼ごっこ感覚で楽しんでもいるし、、
でも、1分1秒でも長くという意味ではマズいかな(笑)

残り7キロ。素晴らしい眺望もそこそこにして、三湖台を後にして走りますが、
下り基調と思ってたら、まだまだ五湖台までは登りが続きます。それにもしかおちんが
三湖台の景色に見とれて時間を潰してたら、、、、
そう考えると、もしかしたらゴールまでこのままで行けるかななんても思ったりしながら
五湖台を目指します。
ところが残り5キロの表示を見たら、一気に走りが重くなりました。
後半最初の登りを頑張ったツケでしょうか、、、いつ追いつかれるかヒヤヒヤものです。
後ろを振り返り、振り返りつつ進みます。まるで逃亡者の気分ですね。でもその緊張感が
面白いのですよ。
そう思いながら走りやすいトレイルコースを満喫しながら走ります。もちろん、登りは歩きで、、、

そして、やっと五湖台、残り3・5キロ。水を頂いて、ここも景色を眺める余裕なく後にします。
ここからは本当に下り基調です。一気に行かないといけません。
といっても、足もきつくなってるので、怪我しないように下るので精一杯です。

9.10.2-2.jpg

残り1キロになりました。もう大丈夫かな、、、と思い始めた頃に、、、、、、、、、、、、、
何やら「ほっ、ほっ」という聞き覚えのある声がするではないですか、、、
「来た~!」後ろに追走するランナーをも従えて、かおちんが、すごい勢いで下りを走ってきました。
その勢いに周りのランナーも振り返ります(^^)
10メートルまで接近です~!!!

                             右上から読んで下さい
9.10.2-4-1.jpg

この瞬間、自分でも信じられないくらいのダッシュで走り出しました(笑)
キロ4分で走った気がします!(50メートルくらい)、、、、、


どんな感じかというと、こんな感じ、、、、緊迫感あるでしょ。
9.10.2-5.jpg
必死で逃げる私です(^^)    ざんくろうさんが撮ってくれました。

面白いのは、最初記憶をたどった時、、、、かおちんと遭遇した地点はゴールから300メートル
くらいだと思ってました。だから必死で300メートル走ったんだなと思ってたら、、
実は1キロ位の地点だったんですね。
あまりにも必死だったもので、7、800メートル分の記憶が無くなっていました。
どうやって残り1キロ走ったんでしょう?それくらい夢中でゴールまで走ったようです。


もうちょい続きます、、、旬、過ぎちゃいますね(汗)



nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

第3回富士山麓トレイルラン その2 [レース完走記]

さて、私の視界に飛び込んで来たのは、、、

甘党ランナーズ・トレイル下りの女王 かおちん です!

9.9.30-5.jpg

山ではまったくかなわない存在のかおちんが、20メートル先にいるではないですか!
スタートは私の1つ前の組で,2分前にスタートしたかおちんが、、、
彼女の下りの走りはすごいのです。どんなに登りで離しても、下りになるとあっという間に
追い付かれ、追い抜かされてしまいます。ケガすることなどまったく眼中にない感じで
駆け下りますからね、、、、。
実際、名栗U字では1時間の差をつけられてしまいました。
だから、予想では私は目標3時間で、かおちんは2時間半ぐらい?
当然ゴールまでその姿を見ずにいるんだろうなと思ってたので驚きました。

実は彼女、3日前に信越五岳のペーサーとして、40キロ近く走ってるのです。しかも夜間走。
相当疲れてるはずです。(ちなみに1週間後には、斑尾で50キロ走ります!頑張ってください)
まだ10〜11キロ地点。先は長いので、この坂はゆっくり行くつもりでしたが、何故かズンズンと
進んで行っちゃってます。とうとう坂の中間辺りで追い付きました。
声をかけ、お互い健闘を誓い合い、先へ進みます。
いやぁ、しかし、なかなかハードな登りです。10キロ走ってからのこの登りはきつい。
頭の中で、「名栗走った時よりはラクだ!」「武甲山の方が辛い!」とか思いながら進みます。
そのお陰か、立ち止まらずも何とか歩いていけてます。それでも最後の方は「この坂もきつい、、、」

10人くらいは抜いたでしょうか。抜かれたのは1人くらい?

9.9.30-6.jpg

そしてようやく登りが終わり、周りが開けた場所に出ました。三湖台というところです。

9.9.30-8.jpg

もう〜〜〜なんともいえない絶景!!息をのむとはこういう景色でしょうか。

9.9.30-4.jpg
ランナー達も立ち止まって眺望を満喫してます。こういうところはトレイルのいいところですね。
本当なら10分くらいはここでのんびりしたいのですが、、、、そうもいきません。なぜなら
今日の目標が、「3時間でゴール」が、、、「かおちんに抜かれないように!」に変更したからです(^^)!
この後は下り基調。結局抜かれるのは必至でも、ギリギリまで頑張ってみよう!  と。

9.9.30-7.jpg

い、いかん、まだ終わんない、、、
nice!(5)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る
m-fuji@sb3.so-net.ne.jp

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。