So-net無料ブログ作成
検索選択

飯能アルプス〜丸山スーパートレイルラン 2017 [レース完走記]

またまた更新さぼっちゃいましたね。反省。


21日は「第5回飯能アルプス〜丸山スーパートレイルラン」。
37km・制限時間10時間
飯能から秩父まで上がっては下りの連続で少しづつ標高を上げていく、ドSの
コースです。

17.5.24.jpg


第1回、第3回に続き3回目。
第1回目は9時間57分で完走。
第3回目は15kmの子の権現でリタイア。この時は体調が悪かった時で
最初から行けるとこまで行ってリタイア予定でした。

これまでは制限時間10時間半でしたが、今回は他団体の大会のルートが
一部コースでかぶさるということで、時間をずらして制限10時間となりました。

30分短くなりましたが、私にとってはとっても厳しい変更でした。
なぜなら、このコースの厳しさを考慮すると、走りやすい天候・制限10時間半で
やっと完走できるか出来ないかのレベルだからです。

ところが最悪な事に、当日は最高31度の猛暑日。スタートして2.5キロほど
走って山に入るのですが、その時点でもうすでにお疲れモード。
暑さというのはホント体力消耗しますね。

長い距離ではないけど、何回も何回も登っては下り登っては下り、、、
快適に走れる下りがあれば距離も稼げるのですが、ほとんど転ばないよう注意しながら
ゆっくり下りるしかない急坂ばかり。(速い人は問題無いようですが)

何とか前回リタイアした子の権現までは完走ペースで来れたけど、そこから伊豆が岳の
登りで失速。全然進めなくなりました。

伊豆が岳を越えて、何とか正丸峠の関門にはギリギリ到着。
そこからもさらに厳しいアップダウンが待ってます。しかもちょっとの間ですが、私のすぐ
後ろには「最後尾」のゼッケンを着けた方がいました。つまり私がランナーの最後尾と
いうことですね。初めての体験ですw
そして、結局28kmの大野峠の関門に10数分の遅れで関門アウトになりました。

脚的にはそのまま進んでもゴールまで行けたと思うのですが、関門アウトでは
どうしようもないですね。
しかし、最初から怪我や体調で途中リタイアというのはありましたが、走りたくても
まだまだ走れるのに、関門でアウトというのは初めてです。


ということで、今回は、実力不足・暑さ・時間制限短縮が重なっての結果でした。


ちなみに今回の完走率は70%。これまでの完走率はだいたい90%。
今回いかに厳しい条件だったかよく分かる数値です。
体重落として練習してまた出直しですね。


関門アウトとなった大野峠(多少演出ありw)
17.5.24.1.jpg


17.5.24.2.jpg

17.5.24.3.jpg

17.5.24.4.jpg
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

コメント 2

sally

さいたまの山はあなどれない。
お疲れさまでしたー
by sally (2017-05-26 15:07) 

hime

sallyさん
ありがとうございます。
しつこいくらいの同じような上り下りで
精神的にもタフでないとだめですねw
by hime (2017-05-27 21:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る
m-fuji@sb3.so-net.ne.jp

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。